酵素が活きた、 「生体水」で肌が潤う!

酵素が活きた、高いエネルギーの「蒸留生体水」

新・植物抽出法とは

1滴の水を使用することなく、常温(35~45℃)で植物から水や香りを抽出する技術。

一般的なオーガニックコスメで使用する抽出方法(水蒸気蒸留法)に比べ、低温で蒸留するため酵素が活きた化粧品が出来上がります。また、「生体水」を取り出せるという大きな特徴があります。

低温で蒸留できる仕組み

山の上など、標高が高く気圧が低い場所でお湯を沸かすと、通常より低い温度で沸騰します。この原理を利用して蒸留器の中を減圧し、わずか35℃という人間の体温程度の低温で蒸留し、植物の生体水を取り出す方法。通常の蒸留水はほとんどが水ですが、蒸留生体水は、ほぼ100%植物の中に存在していた成分で出来ています。個体以外のものは香りの成分すら生体水にほとんど取りこまれます。

商品検索

キーワード検索

価格帯検索
円 ~