カテゴリ別 人気アイテムから探す

肌タイプから探す

アイシス基準と関連サイト

おすすめ!『植物ポリフェノール』が凝縮した化粧水

おすすめ!「植物ポリフェノール」が凝縮した化粧水
オーガニックコスメには
ポリフェノールが凝縮

『植物ポリフェノール』は、栄養学的にだけではなく、美容的にも注目されています。『植物ポリフェノール』が、肌が酸化するのを防ぐ抗酸化力を発揮するからです。またダメージを受けた肌を再生してくれます。

とくに美容的に注目されているのが、玄米に含まれているフェルラ酸。これはシミやくすみを予防してくれます。また大豆に含まれるイソフラボンは、これは色がほとんど無いポリフェノールですが、女性ホルモンのバランスをとり、肌をなめらかにしてくれると言われています。

これらのポリフェノールは、スキンケアとして肌につけるのも有効です。ビタミンは、水溶性と油溶性があるので、スキンケアとしての働き方も制限されるのですが、ポリフェノールの抗酸化力は、細胞が含む水分と油分の両方に働きかけることができるため、肌につけてもその効果が発揮されやすいのです。
たとえば紫外線の害から守ってくれるということで着目されているのが、カシスやシコンに含まれる赤いポリフェノールです。そのほかオウバクの黄色いポリフェノールもまた日焼けした肌をやさしく癒して、肌を再生する力があります。


オーガニックコスメの化粧水やオイルには、赤や黄色、褐色、黒い色のものがあって、通常の化粧品を使い慣れている人はびっくりするようです。でもその色は、肌の酸化を食い止めてくれる植物のポリフェノールがそのまま入っている証拠です。オーガニックコスメの多くは、見栄えを良くするために、色をあえて調整したりせずに、自然のものをそのまま活かしています。

ところで、石油にはこうした細胞の酸化を食い止める成分はまったくありません。それどころか、皮膚呼吸を阻害し、細胞の酸化をどんどん促してしまうのです。

石油を主成分とした化粧品と、植物を主としたオーガニックコスメ。ポリフェノールという視点から比較してみると、 その二つは、正反対の方向に向かって肌に影響を及ぼすことが明らかになります。


ポリフェノールが
凝縮した化粧水を使いこなす!

アイシス「オーガニック生活便」の化粧水は、色も匂いも天然そのまま。植物のポリフェノールがそのまま活かされています。強い紫外線の害を和らげたり、日焼けした肌をやさしく癒して、ダメージを受けた肌を再生してくれます。

化学成分がいろいろと入った日焼け止めにたよるよりも、この『植物ポリフェノール』を活用するほうがおすすめです。多少、日焼けをしても、『植物ポリフェノール』が肌の健康を保ってくれるので、秋が来れば、もとの白さへと戻っていきます。

でも日焼け止めクリームに入っている化学成分で酸化してしまった肌は、不健康になってしまうので、正常なターンオーバーが出来なくなり、かえって肌全体がくすんだりシミの原因になります。いろいろな植物のポリフェノール効果を活用した化粧水で肌を守りましょう。


おすすめの商品