オーガニック基礎知識 アフターサンケア ヘアケア編

オーガニック基礎知識 アフターサンケア ヘアケア編

夏の間に、髪のダメージが大きくなるのは?

オーガニックケアで夏のダメージヘアを改善

夏が終わる頃、髪がパサパサに乾燥するようになっていたり、
抜け毛がぐんと増えたという経験を持つ人が多いのではないでしょうか?

合成シャンプーで髪が細くなる!

その理由のひとつは、いつもよりシャンプーする回数が増えることです。というのも、ほとんどの人が使っているのは、合成シャンプーだからです。
一般的に売られている合成シャンプーには、合成界面活性剤が洗浄成分になっています。合成界面活性剤は、たんぱく質変性作用があります。髪の艶成分であり保護層であるキューティクルを溶かしてしまうため、使うほど、どんどん髪が細くなってしまうのです。
とくに汗ばむ夏は、シャンプーの回数が多くなるので、その分、髪のダメージも大きくなってしまいます。また頭皮も合成界面活性剤の影響を受けて、薄くなったり、毛穴がダメージを受けるので、抜け毛が増えます。
アミノ系シャンプーなら大丈夫と思っている人も多いようですが、アミノ系シャンプーもまたアミノ酸と石油を合成させた合成界面活性剤が洗浄成分になっており、自然な成分ではありません。

紫外線でパサパサ乾燥ヘアに!

もう一つ、夏の間に髪のダメージが大きくなるのは、やはり紫外線です。
顔や体の紫外線対策には気を使っていても、髪の紫外線対策は忘れてしまいがち。実は、紫外線を浴びると髪は乾燥し、しなやかさを失っていきます。おまけに合成シャンプーでキューティクルという保護層を失った髪は、より紫外線の悪影響を受けやすくなります。
汗をかいて髪を洗う回数が増える夏。髪を保護するキューティクルもはがれ落ちて、おまけに強い陽ざしを浴び続ければ、傷まないわけがありません。
合成シャンプーと紫外線のダブルの悪影響を受けて、夏が過ぎていくほどに、髪は細くなり、水分を失いパサパサ、と感じが強くなってくるはずです。

スタイリング剤やトリートメントはさらに髪にダメージを与える

そんなダメージヘアをケアするために、スタイルング剤やトリートメントが盛んに宣伝されていますが、実はこれらのスタイリング剤やトリートメントもまたさらに髪の健康を奪ってしまいます。 スタイルング剤やトリートメントを使うと、一見、髪はツヤを取り戻したかに見えますが、実はこれは偽のツヤです。 スタイリング剤やトリートメントのツヤ成分は、「ポリクオタニウム―●(●の部分は数字)」などの 石油由来の合成ポリマーです。細く乾燥した髪を合成ポリマーで包み込んでツヤが出たかのようにごまかしているだけのことで、髪本来のツヤではありません。つまり髪をビニールコーティングしているようなもの。その間にさらに髪のダメージはひどくなっていきます。

オーガニックヘアケアで髪のツヤと健康を取り戻す

髪と頭皮の健康を守る石けんシャンプーを使う

髪本来のツヤと健康を取り戻すためには、まずシャンプーを変えましょう。つまり合成界面活性剤のシャンプーをやめることをおすすめします。そして洗浄成分として石けんをベースとしたシャンプーを使いましょう。石けんには、たんぱく質変性作用がないので、キューティクルが溶けて髪が細くなるといった弊害は起きません。もちろん頭皮にとっても安心です。
シャンプーの成分に「石けん素地(カリ石けん素地)」、「石けん分(純石けん分)」、「脂肪酸ナトリウム」、「脂肪酸カリウム」という表示があるものが、石けんシャンプーです。

  商品紹介 



おすすめの石けんシャンプー

※石けんシャンプーには必ず石けんシャンプー用のコンディショナーをお使いください。



  • 素髪の艶シャンプー (200ml、500ml、詰替用 450ml) アルテ

    髪にハリを与えるローズマリー、セイヨウキズタ、メリッサ、髪にツヤを与えるスギナやカミツレ。そして頭皮のために、皮脂バランスを整え、痒みやフケを予防するトウキンセンカ、ラベンダー、ユキノシタ、ビワを配合。洗浄成分も、ムクロジエキス、サポニン草根エキス、石けんなど、天然のものに徹底しているので、合成シャンプーのようにキューティクルを壊してしまう不安がありません。

  • モリンガボタニカルズ ヘアウォッシュ 300ml 暮らしっく村

    無農薬のモリンガ(ワサビノキ)と美容植物、ダマスクバラ、ビワ、スギナ、スイカズラ、アルガンオイル、ツバキ油などをふんだんに使用した自然のちから溢れる贅沢なヘアウォッシュです。ヤシカリ石けんベース。

髪のダメージが大きいため、石けんシャンプーが使えないという人は

でも「石けんシャンプーは、きしんで使いにくい」という声をよく聞きます。きしんでしまうのは、キューティクルがなくなってしまっているからです。キューティクルが戻ってくるとウソのように普通に使えるようになります。
しかし長年、合成シャンプーを使ってきたために、キューティクルのダメージがかなり進んでいることもよくあります。
キューティクルがぼろぼろになっている、あるいは、キューティクルがほとんどないという髪は、石けんシャンプーを使うと、きしみ感がひどくなり、洗い上がりもパサパサしています。
頭皮の毛穴から、キューティクルのある健康な髪が長く伸びれば、石けんシャンプーを快適に使えるようになるはずですが、2カ月、3カ月と時間がかかります。
そんな人におすすめしたいのが、石けんシャンプー以外のヘアシャンプーです。 アーユルヴェーダのハーブシャンプー、クレイ、日本の海藻シャンプーなどです。

  商品紹介 



  • マハラニ ハーブシャンプー香る髪 花ブレンド 100g マハラニ

    「シカカイ」というインドの植物配合。シカカイには天然の石けん成分サポニンが含まれていて、頭皮と髪をやさしく洗浄します。泡は立たず、使用感も石けんや通常のシャンプーとまったく異なりますが、泡が立たなくても洗えているという感覚を、お試しください。

  • ガスール粉末 500g ナイアード

    吸着力の優れたガッスールクレイ。石けんや添加物をくわえなくても、洗浄力と保湿力を備えているので、顔や体だけでなく、髪や頭皮の洗浄に使えます。髪の毛がきしまず、また潤いを与えてくれるのでしっとりとした仕上がりです。石けんシャンプーのにがてな人にもおすすめです。

  • こんぶとふのり(粉末タイプ) 5g×5包入り 美容文化社

    シャンプーやせっけんのない時代、日本では海藻を使った洗髪が行われてきました。海藻に含まれる繊維が汚れをしっかり吸着し、傷んだ髪と頭皮をケアしながら清潔さを保ってくれます。こんぶやふのりには、豊富な栄養分やミネラル分が含まれているので、髪にこしが出て、つややかさが増してきます。使いづらい場合は、せっけんシャンプーに混ぜてもOK。髪のきしみがなくなり、柔らかく洗い上がります。

シャンプー前後のヘアケアもオーガニックで

一般的に売られているスタイリング剤は、髪を合成ポリマーでコーティングしてツヤツヤに見せています。ビニールコーティングをしているのですから櫛通りも良く、一見さらさら髪になります。でもそのコーティングを落とすために洗浄力に強い合成界面活性剤のシャンプーを使うので、本来の髪は傷みっぱなし。悪循環です。髪はさらに細くなり抜け毛も目立ってきます。

シャンプーをオーガニックケアに変えたら、シャンプー前後のケアも植物の力を借りましょう。オーガニックケアを続ければ、髪に本来のツヤが戻り、コシがでて抜け毛が減り健康になっていくのが実感できるはずです。

  商品紹介 



髪のツヤと健康を取り戻すオーガニックヘアケアおすすめ商品

  • ボンヌプランツヘアブローミスト 120ml スウィーツソーパー

    コメヌカオイルと植物エキスをミツロウ成分で乳化したクリーミーなブローミスト。ドライヤーの前に髪全体やダメージが気になる部分にミストすることで髪を熱から守り、艶と潤いのある髪へと導きます。

  • シーマズヘアオイル 100ml ムクティ

    ゴマ油をベースにインドの5種類のハーブをぎっしりと詰め込んだヘアオイルです。髪を洗う前に頭皮のマッサージをしてください。頭皮の毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れをとってくれます。パサついたダメージヘアにツヤを与え、まとまりやすい髪にしてくれます。ツボクサやヘンナなどは、育毛効果もあるので、髪にコシがない、細いという人にもおすすめします。またアムラは、フケを改善してくれます。そのほかハイビスカスは、髪をしなやかにしてツヤを与えます。

  • ベジガーデングロッシーヘアオイル オレンジ&ラベンダー 30ml  アムリターラ

    椿油をベースにして、ブロッコリー、大根、アボカドなど髪をつややかにし強くしてくれる植物油を厳選して作ったヘアオイルです。傷んだ髪や、パサついた髪をしっとり美しく整えてくれます。

夏の強い陽ざしでダメージをうけた髪。
オーガニックヘアケアで陽ざしに負けない強い健康なツヤ髪を取り戻しましょう!





もっとオーガニックコスメのことを詳しく知りたい方、勉強したい方、資格を取りたい方は、
日本オーガニックコスメ協会主催のこちらの講座がおすすめです。