オーガニックヘアケア 合成シャンプーは、抜け毛やかゆみの原因 髪や頭皮を守る石けんシャンプーを

オーガニックヘアケア合成シャンプーは、抜け毛やかゆみの原因
髪や頭皮を守る石けんシャンプーを

数々の髪の悩みは 合成シャンプーによるダメージ

フケ、かゆみ、抜け毛、パサつき、薄毛…。髪にまつわる悩みは尽きません。毎日きちんとシャンプーしているのになぜ? と思う人も少なくないでしょう。でもじつは合成シャンプーによる毎日の洗髪こそが、髪と頭皮の健康を奪うもとになっているのです。

合成シャンプーにも、強力な洗浄成分である合成界面活性剤が入っています。合成界面活性剤は、髪の保護層であるキューティクルを溶かしてしまうので、徐々に髪を細くしてしまいます。また頭皮のバリアを壊してしまうので、その結果、頭皮が荒れて弱くなり、フケやかゆみ、抜け毛などさまざまな髪のトラブルを引き起こすのです。さらに、頭皮のバリアが破壊されると、合成シャンプーに含まれる有害な合成成分が体内に蓄積されてしまう、という深刻な問題があります。

でも合成シャンプーで洗髪すると髪がサラサラになり、コシとツヤが出るように感じ、ダメージを受けているとは思えない……という人も多いのも事実。それはシャンプーに添加された合成ポリマーが一時的に髪を包み込んで、ツヤを与えてくれるからです。

リンスやトリートメント剤も同じことです。この合成ポリマーにごまかされているうちに、髪はどんどんやせ細り頭皮は荒れてゆくのです。

石けんシャンプーを上手に使って 髪の健康を取り戻す

合成シャンプーによってキューティクルが溶かされ細い髪に!合成シャンプーによってキューティクルが溶かされ細い髪に!

髪の健康を考えるなら迷わずに石けんシャンプーを。使い始めは、きしみが気になるかもしれませんが、それは合成シャンプーによってキューティクルがない髪になっているからです。

言い換えると、石けんシャンプーでうまく洗えない髪ほど、ダメージが大きい証しです。石けんシャンプーの基本は、たっぷりの泡で2度洗いし、しっかりすすぐこと。それから酢やクエン酸でリンスすれば中和されてきしみがなくなります。

髪のダメージが大きいため、どうしても石けんシャンプーでうまく洗えない人は、しばらくクレイで洗ってください。泡は出ませんが、きしみがなく、サラサラの洗い上がりになります。

2カ月から3カ月ほどたつと、キューティクルのある髪が根本から伸びてきているので、再度、石けんシャンプーにチャレンジしてください。

キューティクルは、髪を保護して包んでいる透明な層です。つまり、髪の本来のつややかさの元です。石けんシャンプーを使い続けると、キューティクルのある髪がよみがえります。

シャンプーの選び方のポイント

  • 合成界面活性剤が使われている合成シャンプーやリンスは避ける
  • パラベンやフェノキシエタノールEDTA(エデト酸)などの防腐剤が入っていないものを
  • 石けんシャンプーのほか、クレイシャンプーもおすすめ
シャンプーに含まれる合成界面活性剤をチェック!
問題成分天然成分
ラウレス硫酸Na、ベヘントリモニウムクロリド、PEG/PPGコポリマー石けん素地、水酸化ナトリウム、クレイ、海藻、洗顔料