肌の乾燥が気になる季節、 「ローズバルサム」でハリと潤いのある肌に!

紫草パワーで、唇荒れや乾燥肌にさようなら

化粧品も洗剤も環境汚染の原因に! ~私たちにできるSDGsへの貢献とは~
オーガニックヘアケアで 本物のツヤ髪になる!

オーガニックライフのための基礎知識

カテゴリ別 人気アイテムから探す

新商品&季節のおすすめ商品

アイシス基準と関連サイト


工業化に背を向けた、
時間が紡ぐふっくらオーガニックコットン

今から約30年前、『益久染織研究所』は、もともと日本で作られた「ガラ紡績機」の保存運動に関わったことから、「和紡布」は始まりました。

他にはない「和紡布」のあたたかみのある風合いは、手紡ぎや、ゆっくりと動く「ガラ紡績機」から作られた糸から生まれます。

たっぷりと時間をかけて紡ぐので、綿に負担がかからないため、均一ではなく、空気を含んでふっくらとした糸になります。その柔らかな糸は、現代の高速で動く織機では織るのは難しく、手織りや昔ながらの「力織機」で織り上げます。

そんなふうに「和紡布」のほっこりとした、独特のあたたかみのある風合いは、工業化の波に背を向けて、昔ながらのゆったりとした時間をかけることから生まれるのです。

一度も農薬を使ったことのない、
究極のオーガニックコットン

「和紡布」の素材は、中国山東省で栽培されるオーガニックコットンです。現在、オーガニックコットンの認証は、3年以上、農薬を使ったことがない畑で栽培されたものということになっています。でも「和紡布」の素材は、同じオーガニックといっても、これまでに一度も農薬や化学肥料を使ったことのない畑で作られた綿で、究極のオーガニックコットンです。そのために農薬などの残留などの不安がまったくありません。

現地の人々は、有機肥料を使い、害虫の駆除はすべて人の手で地道にせっせと行います。そんな手間隙がかかる、昔ながらの有機綿栽培が今も続けられていることは、現代においては奇跡といってもいいのではないでしょうか。

毎日の慌ただしさを忘れる、
「和紡布」の生活雑貨

究極といっていいほどのオーガニックコットン栽培法。さらに糸紡ぎや織りも昔ながらの時間をかけることで出てくる、やわらかな風合い。そんな「和紡布」の素晴らしさを伝えようと、『益久染織研究所』は、いろいろな生活雑貨に仕上げました。

洗剤がなくても洗える食器洗いやふきん、バスマットなど、キッチンやバスルームで使える生活雑貨です。作り手のゆったりとした時間が伝わってくるせいか、触れるだけでもほっと気持ちが和みます。また使った後は、自然に土に還っていくので、環境にとってもやさしい日常品です。

洗剤がいらない「和紡布」、
敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめ

「和紡布」は、糸が均一ではないために、適度に空気を含んでおり、独特のほっこりとした風合いがあり、触れているだけで気持ちをリラックスさせてくれます。

「和紡布」を食器洗いにすると、均一ではない糸がしっかりと汚れをからめとってくれるので、洗剤なしでも油汚れが落ちます。

また「和紡布」はスキンケアにもおすすめです。敏感肌やアトピーなどで、石鹸を使えない人も、「和紡布」のクロスなら石鹸を使わなくても顔やからだを洗うことができます。肌に必要な皮脂は残してくれるので、乾燥肌の人にも、「和紡布」洗顔はおすすめです。

明治時代に日本で作られたガラ紡機。
ガラガラとゆったりと動く機械がぬくもりのある糸を紡ぎます。
手織りで織られる布。昔ながらの丁寧なもの作りが独特の風合いに仕上げます。
一度も農薬を使ったことのない畑で作られる有機綿。
肥料も害虫駆除も昔ながらの方法が守られています。

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~5件 (全5件)

1件~5件 (全5件)