「自然美肌力」を大切にして、素肌美人になる

夏の日差しで疲れた肌には、しっかりお手入れを!くすみのない透明な肌へ

ヘナ染めで頭皮も髪も健康に!

ヘアダイに不安を感じていませんか?  白髪染めには安心安全なヘナ染めがおすすめ

オーガニックライフのための基礎知識

ハーブ物語

カテゴリ別 人気アイテムから探す

新商品&季節のおすすめ商品

アイシス基準と関連サイト

アイシスの歩み

1992年~
1999年

活動の原点はNGOアイシスガイアネット

アイシスは、1992年「人と地球にやさしいオーガニックライフ」を広げようと、制作会社代表(清水童伸)、作家(水上洋子)、新聞記者(安在尚人)のメンバーが中心になって立ち上げた、環境NGOアイシスガイアネットの活動がスタートとなっています。 それぞれの立場でメディアに関わっていたメンバーが、「本当に伝えたい情報を読者に直接届けたい」「環境問題を憂えていても仕方がない、私たちが一歩でも取り組めることを伝えていこう」との思いがスタートの原点でした。

アイシスラテール創刊号

オーガニックライフ情報誌『アイシスラテール創刊号』

スタッフは、日本国内を始め、アジアやヨーロッパ各地のオーガニック事情や環境問題の取材に取り組みながら、同時に自分たちの新しい活動もスタートすることとなりました。

千葉県鴨川での休耕田の復田活動、「アースデイ」の運営に関わるスタッフ、環境イベントの企画開催、有機農業支援など、それぞれの活動を続けながら、ようやく1999年に日本初のオーガニックライフ情報誌『アイシスラテール創刊号』を出版することができました。

2001年~

季刊誌『アイシスラテール』のスタート
基本方針は、前向きな情報を伝えること

オーガニックライフ情報誌『アイシスラテール』

オーガニックライフ情報誌
『アイシスラテール』

オーガニックライフ情報誌『アイシスラテール』は、読者が求める情報を伝えること。実際に現場を取材して記事にすること。そして、ネガティブな情報ではなく、本当に良いものを作っているメーカーや生産者、地球環境問題に積極的に取り組んでいる個人やグループの情報を伝えていくことを基本としました。

また、メディア制作の経験者だけではなく、様々な活動やイベントなどで知り会った「思いを共感できるスタッフ」と一緒に制作することも基本としました。

単行本『オーガニックコスメ』第1号

単行本『オーガニックコスメ』第1号

季刊誌『アイシスラテール』は、一般の書籍流通のように取り次ぎを通すことなく、直接書店に置いてもらう、自然食品店への配本、読者に直接届けるなど、アイシス独自の流通を切り開いていきました。

それと同時に、単行本『オーガニックコスメ』の第1号発行も2001年でした。この年には、日本で化粧品の全成分表示が義務づけられ、ドイツではBDIHのナチュラルコスメ認証もスタートした年です。

2002年~

読者の声から始まった通販『オーガニック生活便』

『オーガニック生活便』

『オーガニック生活便』

オーガニックライフ情報誌『アイシスラテール』は、号を重ねるたびに誌面で紹介するオーガニックコスメや食材、雑貨に関して読者の方々から「どこで買えますか?」という声を多くいただくようになりました。

その声に応える形で始まったのが、通販『オーガニック生活便』です。これまでに年1回の通販カタログ『オーガニック生活便』の制作発行を続け、現在16号を迎えています。季刊誌『アイシスラテール』は、2006年発行の25号をもって休刊となりましたが、各スタッフはそれぞれの活動を続けています。

2007年~

日本オーガニックコスメ協会の発足

NGOアイシスガイアネットの「オーガニックコスメ倶楽部」から発展的に生まれたのが、「日本オーガニックコスメ協会」です。その目的は、メディアやイベントを通して、安心安全な成分を素材としたオーガニックコスメ製品を消費者に伝えるとともに、オーガニックコスメを製造するメーカーに対して、より安全性の高い化粧品を作ってもらうための提案とアドバイスをしていくことです。

また、オーガニックコスメ・アドバイザー養成講座も主催し、現在、第1期~第15期の修了生が様々なジャンルで活躍しています。

2013年~

有機葡萄栽培

単行本『オーガニックコスメ』第1号

2013年には、山梨県にて、有機栽培の葡萄を育てる活動を始めました。この活動は、自然と触れ合うことで、自然の仕組みを知ることを目的としています。

種無し葡萄には、薬剤が必要なことがわかって、あえて種あり葡萄にするなど、徹底してオーガニックにこだわって育ててきました。5年間ほどは、とても立派な巨峰を得ることができたのですが、この2年ほど前から温暖化の影響で、以前のような実りを得ることが出来なくなってきています。

まさに葡萄栽培に関わることで、温暖化の影響を実感し、それもまた自然のルールについて考える機会を得たと真摯に捉えています。

2020年~

単行本「ジャパン・オーガニックコスメ」発行

単行本「ジャパン・オーガニックコスメ」

『ジャパン・オーガニックコスメ』

2020年には、単行本「ジャパン・オーガニックコスメ」を発行しました。これはオーガニックコスメシリーズの第7番目の本になります。日本には、天然成分100%で作られた真のオーガニックコスメが市場に出ているので、そうした国産コスメを応援するために出版しました。現在、ヨーロッパから発信されたオーガニックコスメ認証には、いくつかの合成成分が「使用可」になっていますが、日本からもっと厳しいコスメ基準を普及したいという目的もこの本にはあります。今後もアイシスは、消費者の立場から見て、本当に安心安全な化粧品を普及していきます。

現在のアイシスグループの活動

NGOアイシスガイアネット

アイシスの活動の原点です。人と地球にやさしいオーガニックライフを広めたいという思いを共感できれば、「ボランティア」という立場で「いつでも誰でも自由に参加できる」という、設立当初の考えはそのまま継続されています。

現在も、オーガニックEXPOなどのイベント実施、単行本『オーガニックコスメ』などのメディア制作などで活動しています。

2010年、NGOアイシスガイアネットは、IFOAMの会員となりました。

IFOAM(アイフォーム)とは、International Federation of Organic Agriculture Movements (国際有機農業運動連盟)の略称です。1972年にパリ近郊で設立され、以来、有機農業の普及に努めてきた世界最大の国際的なNGOとして知られています。現在、本部はドイツのボン市にあり、世界117カ国以上の約800団体がIFOAMに加盟しています。構成メンバーは各国の小規模農家や有機農業団体、有機認証団体、コンサルタント、研究者、消費者、国際流通企業などです。

日本オーガニックコスメ協会

アイシスガイアネットの「オーガニックコスメ倶楽部」の活動から、発展的に生まれたNGOです。

「オーガニックコスメ」という言葉を生み出した2001年発行の単行本『オーガニックコスメ』の制作、オーガニックコスメの世界基準の現状の取材、コスメの成分研究会などを行っています。

また、2011年からはオーガニックコスメ・アドバイザー講座も開講しています。

今後の活動として、オーガニックコスメ・アドバイザーを養成するための通信講座の準備、さらに『オーガニックコスメ成分辞典』の制作発行を予定しています。

今後もアイシスは活動し続けます

地球環境と共生した生き方は、今後、ますます大切になってきます。これまでもアイシスは「環境汚染を憂えるだけでは何も変えることができない、それよりも新しい生き方を提案していこう」と活動してきました。

今後は、その価値観をそれぞれのグループが基盤となって、日本からアジアへ、そして世界へ発信していきたいと考えています。