年末の大掃除もオーガニック洗剤で


この冬は、オーガニックコスメで潤い肌キープ  美肌常在菌を増やして、素肌の砂漠化にさようなら

寒い季節、オーガニック入浴剤でバスタイムを楽しみましょう!

絶対おすすめ!! アーユルヴェーダで美しい髪を手に入れる

オーガニックライフのための基礎知識

カテゴリ別 人気アイテムから探す

アイシス基準と関連サイト

黄カラスウリフェイスクリーム 30g オンド(Ondo)

カサカサやかゆみ、敏感肌に悩む人に
黄カラスウリシリーズ

黄カラスウリは、昔から、寒さの厳しい東北の自然環境の中で働く女性たちがしもやけやあかぎれの手当に使ってきたものです。黄カラスウリの実の部分には肌の修復機能や乾燥肌の改善機能があるからです。 山澤清さんは、絶滅の危機にあった貴重な黄カラスウリをたゆむことのない努力によって再生させました。そして、黄カラスウリの果汁や果肉は化粧品として、化粧水、フェイスクリーム、石けんなどを作りました。敏感肌やカサつきがちな肌に悩む人にもおすすめです。しっとりとした滑らかさが戻ってきます。

黄カラスウリと未精製のミツロウで
肌の潤いが長持ちします

保湿力の高い完熟の黄カラスウリの果肉をクリーム状に仕上げました。未精製のナチュラ ルなミツロウとホホバ油を使用しているため、なめらかな感触でべたつかず、肌にスッとなじみます。黄カラスウリのエキスが肌を落ち着かせ、白樺エキスが肌にしっかり水分をとど めて保湿します。黄カラスウリのほか、カミツレ、セージ、ラベンダー、ローズマリーなどのハーブは山澤清さんが育てている国産・ 無農薬栽培のものを使用しています。 刺激が少なく、敏感肌の人にもおすすめです。



化粧水、クリーム、石鹸が揃ったお試しセットもあります。
» 黄カラスウリお試しセット

商品番号:804249

黄カラスウリフェイスクリーム 30g オンド(Ondo)

価格:

5,280円 (税込)

[ポイント還元 52ポイント~]
購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

商品番号:804248
内容量:30g
全成分:ホホバ油、ミツロウ、白樺エキス、 黄カラスウリ完熟果肉エキス、カミツレエキス、ラベンダーエキス、セージエキス、ローズマリーエキス
使用期限:開封前(3年)、開封後(1年)
使い方:指先で適量を取り、手のひらで少し暖めてから全体に薄くのばすようにご使用ください。
使用上の注意:開封前は常温可。開封後は直射日光・高温多湿を避けて冷暗所に保管してください。

こだわりの成分

黄カラスウリ

黄カラスウリ
絶滅の危機にあった貴重なこの黄カラスウリをたゆむことない努力により再生。実には、肌の修復機能や、乾燥肌の改善機能があるとされています。

白樺樹液

白樺樹液
北海道産。昔から「森の看護婦」とも呼ばれる白樺樹液は、木の根から吸い上げられた水分です。これが樹木の細胞膜を通ることで粒子が細かくなります。生物の細胞の水分に近いので、スッと肌に馴染みます。

国産生ミツロウ

国産生ミツロウ
お菓子作りにも使用されるほど肌に優しい素材。肌の炎症や切り傷、火傷にも効果があるといわれます。

黄カラスウリ再生プロジェクト

農薬散布で絶滅の危機にあった黄カラスウリを復活

黄カラスウリは、厳しい東北の寒さの中で働く女性たちが、スキンケア素材として使ってきたものです。黄カラスウリの実には、肌の修復や乾燥肌の改善をする働きがあり、手荒れのケアに効果があります。さらに黄カラスウリの根は、天然成分のベビーパウダーである「天花粉」として使われてきました。

しかし、戦後、農薬の使用が当たり前になり、生態系が壊れていってしまいました。

黄カラスウリは夜に花が咲くので、夜に受粉しなければならず、そのためにスズメガといわれる蛾が必要なのです。しかし農薬散布によって、黄カラスウリの受粉の役割を果たしていたスズメガの幼虫がいなくなってしまったのです。

しだいに黄カラスウリは減っていき、ほぼ絶滅に向かっていました。

そんな黄カラスウリを「もう一度、蘇らせたい」と、たった一人で再生プロジェクトを開始した人がいました。それが山形県庄内町の山澤清さんです。

山澤さんの再生プロジェクトは、庭で黄カラスウリを7本のみ栽培していた農家からタネを分けてもらうことから始まりました。黄カラスウリは、タネから育ててきちんとできるまでには最低4~5年はかかるといわれます。

もう一度、生き物が安心して生きられる大地を

もともと山澤さんは大型農業技術エンジニアとして農薬散布を指導する仕事に関わっていしたが、農薬による生態系の崩壊を目の当たりにしました。 「気がついたら、子供のころ、一緒に遊んでいた虫たちがみんな、いなくなっていた。農業技術エンジンニアは、最初のうちは僕の誇りだったけど、その仕事に疑問を持つようになった」。

さらに息子にはアトピー性皮膚炎発症があり、農地をもとに戻して、虫や動植物が生きられる安全な大地を蘇らせたいという気持ちからつのっていき、35年前に退職しました。

その後、山澤さんは徹底した環境保全型農業を目指して、オーガニックの上をいく「モアオーガニック」(more organic)農業を実践していきます。

山澤さんが運営する「株式会社ハーブ研究所」では、食用の鳩に抗生物質やワクチンを投与せず、畑で作った大豆やハーブを餌にし、その糞を畑の肥料として使っています。また育てる植物は、F1ではなく在来種のタネのみを選んでいます。そんな徹底した「モアオーガニック」農業の一環として、「黄カラスウリ再生プロジェクト」も始めたのでした。

もともと山澤さん

「黄カラスウリ再生プロジェクト」を始めて7年目、山澤さんは、ある感動的な光景に出会います。

それまで黄カラスウリの受粉は、山澤さん自らが手作業で行っていたのですが、なんとスズメガが現れたのです。絶滅したと思われていた蛾が、不思議なことに、黄カラスウリの再生とともに帰ってきたのです。

真夜中、黄カラスウリの蜜を吸うスズメガの姿は、山澤さんにとって、まさに「昔あったものをもう一度」という願いが一枚の絵になって蘇ったものでした。それは時空のすべてをつないでいる自然の神秘を目の当たりにした出来事でした。

2008年から一人で山澤さんが始めた「黄カラスウリ再生プロジェクト」。年々、種から苗を増やして、今や10万本を超える黄カラスウリを栽培しています。そして絶滅の危機から救った黄カラスウリは、日本のオーガニックコスメの貴重な原料として蘇ったのです。

オンド(Ondo)について

オンド(Ondo)は、(株)オードリーインターナショナルのブランドです。『ハーブ研究所スパール』の山澤清さんが土作りからこだわって丹精込めて育てたハーブを使用し、合成成分を使わず作ったスキンケアシリーズを展開。独自のオーガニック基準「山澤清モアオーガニック」を掲げてコスメづくりをしています。
メーカー詳細はこちら 全商品を見る

入荷予定一覧 (在庫切れの場合はこちらから入荷予定を確認できます。)