オーガニックライフのための基礎知識

カテゴリ別 人気アイテムから探す

新商品&季節のおすすめ商品

アイシス基準と関連サイト

ゾネントア特集

ゾネントアの理念

オーガニックは、自由、自立、
そして喜びがある仕事

ゾネントア社は、ハーブティー、料理用ハーブミックス、スープ、菓子類など、100%オーガニック製品を 製造しています。企業創設者のヨハネス・グートマンさんは、オーストリア・オーガニック製品のパイオニア として知られる人。ゾネントア社を訪問したアイシスは、グートマンさんの企業理念と、そしてゾネントア製 品についてインタビューしました。

『ゾネントア祭り』にロシアからも代理店の若者が来た。 グートマンさんの理念に共鳴して世界中にネットワーク が広がっている。

持続可能な社会的事業家を称するグートマンさん。

ヒルデガルトの植物療法を活かしたゾネントアの ハーブティー。

喜び

アイシス ゾネントアのいろいろなハーブ製品は、 どのようにして生まれたのですか?

グートマン もともと古い昔のハーブの知識に興 味を持っていたので、中世に生きたヒルデガルトの本を読み、彼女の植物療法を学んだ。彼女のレシピを知ることはとても楽しかった。そのレシピにもとづき、伝統を生かしたブレンドハーブの製品を開発したんだ。

アイシス ゾネントア社を起こすにあたって、グ ートマンさんが大切にしたことは?

グートマン 生きていくのに何が本当に必要なの かを真剣に考えたよ。その結果、生きていくのに 本当に必要なのは、ただ暮らせることではなく、 そこに喜びがあることだと気がついた。

自立

アイシス 何故、オーガニック製品を販売する仕事をしようと思ったのですか?

グートマン  自立につながると考えたからだ。たとえば今の農業では、ラウンドアップが大量に使われている。ラウンドアップは、アメリカのモンサント社が開発したもので、世界で一番の売上げを誇っている農薬だ。でもその農薬は、未来をな くしてしまう。何故なら人間の子孫を作る力に悪影響を与えることがわかってきているんだ。おまけに農薬を使い続けることは、経済的にも余裕を無くすし、何より大切な土地を汚染してしまう。
でもオーガニックだったら、農薬を買うお金から解放されて自立でき、おまけに健康にもなる。そして農業という仕事に素晴らしい喜びを見いだすことができるようになる。

アイシス 除草剤は、そもそも草取りの手間を省 くために開発された農薬ですね。

グートマン 僕は、経済的な理由で大学に行くこ とができなかったのがとても良かったと思うよ。
大学に入った人は、農薬が必要なものだと教えられる。つまり仕事は、喜びよりも、効率が大切なことだと教えられるわけだ。

自由

アイシス ゾネントア社のシンボルの太陽にはどんな意味があるのですか?

グートマン この太陽は、自由と自立のシンボルだ。ヨーロッパの中世以降、農奴から自由になった農民たちは皆、家のドアの正面に太陽のシンボルをつけ、「私は自由で独立している」ということを示した。太陽は、持続可能な社会的事業家を目指す私にとって、いつでも大切なビジョンなんだ。

アイシス ゾネントア社が、太陽光エネルギーを使っていることも自由で自立した企業でありたいからなのですね。

グートマン そうです。太陽は、オーガニックな仕事にとって必要なインスピレーションを与え、導いてくれるシンボルなのです。

ゾネントア 食品

オーガニックハーブを
使いこなしておいしくヘルシーに

いつもの料理が、ゾネントア社のハーブミックスでぐんとおしゃれな味わいになります。
すべてオーガニックハーブなので、パワーがあります。
カレールウも一度、使ってみるとおいしくてクセになります。

  • スパイス・ハーブ

    これ一本でいつもの料理
が、ワンランク上の
オシャレな味わいに!

    ゾネントア 12 種のハーブソルト
    12 種類のハーブに、旨みたっぷりの海塩を加えた爽やかな味わいのハーブブレンド。これ一本で、たちまちいつもの料理がオシャレな味わいに早変わり! 野菜炒めやピラフ、魚料理にもおすすめします。 タラゴンやバジル、アニスなど、ハーブはすべて有機栽培。 素材の旨みを引き出し爽やかな風味をプラスしてくれるとともに、体調を調整するハーブの力で、ヘルシー度もアップしてくれます。

    ゾネントア 12 種のハーブソルト
  • エスニックな味わいを
かもし出す魅惑の
スパイシー・ブレンド

    ゾネントア グリル シーズニング
    安心とおいしさにこだわるゾネントアならではのブレンド。 エスニックな9 種類のオーガニック・スパイスに、コクのある岩塩を加えました。程よいガーリックとパプリカの香りが料理に旨みをプラスし、食欲を増進させます。 手軽に本格的なエスニック料理の味わいが出せるので、料理のバリエーションがぐんと広がります。
    とにかく一度使うと、なんにでも試したくなってしまうほど、クセになってしまう魅惑的なスパイス・ブレンドです。アジアン風のピラフやスープにもおすすめです。

    ゾネントア グリル シーズニング
  • すべてオーガニック
スパイス!!
おいしいマイルドカレーを!

    ゾネントア カレー (甘・粉末)
    有機栽培ならではの深いスパイスの風味と、マイルドな口当たりが女性や子供にも大人気。スパイスの独特の味が苦手という人でも食べやすいと評判です。カレーだけではなく、ピラフやオムレツ、ポテトサラダ、野菜サラダ、煮込み料理 などに、少々加えると、びっくりするほどおいしくなってしまいます。ただおいしいだけではなく、使われているスパイスはすべてオーガニックなので、からだにとっても嬉しいカレー・ブレンドです。

    ゾネントア カレー (甘・粉末)
  • 本格カレーはもちろん
ピリッとした
スパイシー料理にも!

    ゾネントア カレー (辛・粉末)
    「オーガニック以上」にこだわるゾネントアが選び抜いたスパイスで作ったカレー用ブレンド。 コクと深み、香り、そのすべてが、味わう人の心をハッピーにしてくれるブレンドになっています。 カレーだけではなく、ピラフやオムレツ、煮込み料理など、ピリッっとスパイシーな風味を加えてくれます。そこまで辛口ではなく、マイルドな中辛ですので、辛いものが苦手な人でもおいしく食べることができます。おいしいだけではなく、使われているスパイスはすべてオーガニックなので、からだにとっても嬉しいカレーが出来ます。

    ゾネントア カレー (辛・粉末)

漢萌

漢萌

漢萌(日本)

平安時代の美容法をよみがえらせる


平安時代の医学書を研究して生み出された日本の伝統コスメ。肌を美しく健康にする草根木皮を原料に活かし、一切の化学成分を使わずに仕上げています。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア

日本古来の自然美容で素肌美人になる

「古式美容法」に基づいた究極のスローコスメ

「平安時代から存在する美容法、『古式美容法』を今の時代によみがえらせたい」。『漢萌』は、美容研究家の三戸唯裕さんが作り上げた化粧品メーカーです。美容料作りの研究は昭和22年にさかのぼります。三戸さんが『古式美容法』に取り組みきっかけとなったのが、京都に伝わる美容料を作っていたひとりの女性との出会いでした。「あとにも先にも彼女のような素肌美人に会ったことはありません」。その女性が使っていたのがぬかと薬草をブレンドしたぬか袋だったのです。日本に伝わる美容法のすばらしさを改めて感じ、その復活を心に決めた出来事でした。

「医心方」に学んだ『漢萌』の美容料

平安時代の医学書『医心方』が書かれたのは今から1000年以上も前の984年。中国から帰化した医学者が、中国の医学書を参考に日本古来の自然治療を取り入れてまとめたもので、さまざまな美容法についても述べられています。『古式美容法』では、有用な薬草の一部の成分を抽出するのではなく、草根木皮を丸ごと抽出した成分を使います。その製法もまた自然にこだわり、温泉や湧き水、薬石と呼ばれる石で改善した水などを使って、浸す、煎じる、熟成させる、というシンプルな作り方を守っています。

現代の化粧品にはほとんどないのが『熟成』という概念。『古式美容法』の化粧品成分は短くても半年、長くて15年もの間ゆっくりと熟成されます。容器もステンレスやポリ製のものではなく、昔から変わらない甕(かめ)や酒瓶を使っています。この甕の中でワインが熟成して深い味わいに成長するように、化粧品の成分も熟成によりキメが細かくなることによって肌への浸透が増すのだそうです。

漢萌
【アイシスがおすすめする理由】
●天然の草根木皮を丸ごと使用しています。
●化学成分を一切使用しません。
●植物のエキスは化学溶媒で抽出せず、すべて水抽出か水蒸気蒸留法で、
 手作業で時間をかけて熟成発酵させています。
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア

マルティナ

マルティナ
マルティナ

マルティナ(ドイツ)

環境保全をしながら、植物の力を伝えたい


天然のクリームで傷を癒した経験を持つマルティナが創設したドイツのコスメメーカー。植物が本来持っているパワーを最大限に引き出す製法を守りながら、環境保全のために合成の化学物質を使わない方針を徹底しています。

取扱商品カテゴリー スキンケアボディケアママ&ベビー

環境保全と植物の力を伝えるドイツ生まれのコスメ

ドイツの自然派化粧品の中でも
安全基準が高いメーカー

オーガニック先進国ドイツでは特に優良なナチュラルコスメメーカーとして知られる『マルティナ』社。自然派化粧品が加盟する「BDIH」(ドイツ医薬品と化粧品商工企業連盟)のなかでも、もっとも厳しい基準でコスメを作っており、化学成分を一切使わない方針を守り続けています。

『マルティナ』社が創業したのは1986年。創設者のマルティナ・ゲブハルトは、幼い頃、顔を犬に噛まれ、その傷跡を薬や外科手術ではなく、ハーブと羊の油のクリームで治した経験から、自然のすばらしい力を伝えたいという強い思いを持っていました。

無農薬栽培かビオ・ダイナミック栽培の
植物のみを使用

『マルティナ』社は、製品の原料は100%自然界に存在するものを使用しています。すべてマルティナ本人が確かめて選んでおり、遺伝子組み換えが行われた植物、合成香料、着色料、保存料、合成界面活性剤、グリセリン、パラフィン化学溶剤は一切使用しません。使用する植物は有機栽培、野生植物、もしくはビオ・ダイナミック農法で育てたものです。

世界中から注文が相次ぐようになった今も、ドイツ・バイエルン地方の小さな工場で、ひとつひとつの製品を手作業でていねいに作っています。その製法は独特で、月と星の運行にしたがってスケジュールを組み、クリームの乳化などの作業が行われます。大量生産はできませんが、古くから伝えられる製法によって、植物本来の持つパワーを最大限に引き出すことができると『マルティナ』社は考えています。

また環境保全にもこだわり、有機栽培の原料を作る農家を支援。アメリカのユタ州の自然を守るために、先住民族インディアンが使ったハーブで製品を作り、その売り上げの一部を自然を守る基金に寄付しています。

マルティナ
【アイシスがおすすめする理由】
●できるかぎり野生有機栽培やビオ・ダイナミック農法で育てられた植物を使用しています。
●防腐剤、合成界面活性剤をはじめとする科学物質を一切使用しません。
●動物実験を行いません。
取扱商品カテゴリー スキンケアボディケアママ&ベビー

アルテ

アルテ
アルテ

アルテ(日本)

自然と素肌を守るために
国産の有機栽培植物を守る


メーカー名の『アルテ』は、古代の女神「アルテミス」に由来しています。「アルテミス」は、森の母神として、同時に月の女神としても人々から尊重されてきました。その名前が意味する通り、『アルテ』のテーマは、「自然の恵み」と「再生」です。

取扱商品カテゴリー スキンケア

自然と素肌を守るために国産の有機栽培植物を使う

国産の無農薬原料を使ったコスメで
肌の「再生」を正常に

女性の肌は、正常であれば、月の満ち欠けと同じようにターンオーバーします。しかし合成成分は、正常なターンオーバーを困難にし、老化を招いてしまいます。

『アルテ』の化粧品は、こうした合成成分を使わずにすべて森や畑から採取した自然素材を使うことをめざし、しかもできるだけ新鮮な国内産の無農薬栽培原料を使っています。

たとえば山形県や千葉県の無農薬栽培ハーブや、長野県で栽培されているオールドローズなどです。

環境と素肌の浄化をめざして

きれいな素肌を守るためには、水や空気など環境全体が浄化されていく必要があります。『アルテ』は、オーガニックの化粧品原料を作る有機農家を支援することによって、日本の大地の浄化と「再生」に貢献したいと願っています。

「自然の恵みを守ることによって、きれいな大地ときれいな素肌をよみがえらせること」。それが『アルテ』のオーガニックコスメを作っていく基本姿勢です。

アルテ
【アイシスがおすすめする理由】
●植物原料は、国内で農薬を使わずに栽培されたものが主体です。
●伝統的な美容法に基づいたコスメを作っています。
●化粧品製造を通じて、環境保全型農業を応援しています。
取扱商品カテゴリー スキンケア

オラクル

オラクル
オラクル

オラクル(日本)

ハーバリストの植物への
信頼から生まれたパワフルコスメ


「植物の効果を引き出すのに、化学成分はいらない」という信念を貫いて、原料はもちろん植物を抽出する溶剤まで天然にこだわっています。ハーバリストがまるで植物と対話するように作ったコスメです。

取扱商品カテゴリー スキンケア

世界中から集めた植物を自社工房でエキスにした化粧品「オラクル」

植物の力を発揮するために、
化学成分は一切、使わない

『オラクル』は、ハーバリストの植物への限りない理解と愛情から生まれました。日本ではまだハーブという言葉が珍しかった頃から、花や葉のエキスで心身の不調を整える「西洋植物療法」の専門家として活動していたハーバリストが、化粧品を作ろうと決意したのです。最初に作ったのは、薬草を混ぜ合わせた茶色い液体。ドロッとして、匂いもきついものでした。でも、それを使った人から、肌がきれいになったという声が続出し、「これを改良させ、確かな効き目はそのままに、使い心地のよい化粧品を作ろう」と開発が始められたのです。

合成化学成分を使えば、きれいな色で、嫌な匂いのしない化粧品は簡単に作れます。しかし、それまでの経験から、植物のエキスは、合成化学成分を少しでも混ぜると力が半減してしまうことがわかっていました。「合成成分は一切使わない」ことを基本にして、国内外のあちこちを訪ね、最高の品質の植物を探し、植物の調合方法やエキスの抽出、配合する順番まで、試行錯誤を繰り返しました。

そしてついに植物学博士や農家の人たちの協力を得ながら、当初不可能だといわれていた100%天然成分の化粧品が誕生。『オラクル』がスタートしました。

「自然派化粧品というと、効き目が穏やかだと思っている人が多いのは残念。植物の力は本来じつにパワフルなのです」 とハーバリストは語ります。

どの製品もすぐ効果を実感できるのは、植物の力が最高の状態で発揮されるように組み合わされていることと、有効成分が通常の化粧品の20倍から30倍と、配合量の多さです。防腐も化学成分は一切使わず、植物の殺菌作用を組み合わせて保存性を高めています。

オラクル
【アイシスがおすすめする理由】
●肌にとって本当に良いものを届けたいという考えから、100%自然成分を使用しています。
●植物の持つ保存作用を活用し、合成防腐剤は使用しません。
●機械に頼らず、丹念に手作りします。
●原料となる植物は自社農園で育てたもの、もしくはオーガニックのものを使います。
取扱商品カテゴリー スキンケア

ネオナチュラル

ネオナチュラル
ネオナチュラル

ネオナチュラル(日本)

天然の美容素材を
できるだけナチュラルなままに


月桃やチシマザサなど、国産の植物を使用。非加熱のヘチマ水などできるだけ人の手を加えない製造方法で、植物そのものの力を活かしています。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア日用雑貨

良質な原料にこだわり、全国各地を訪れる

「お肌の曲がり角」も化粧品が原因では?

『ネオナチュラル』を立ち上げた高柳さんは、肌荒れに悩む女性が多いことに疑問をもったことから、天然素材100%の化粧品を手がけるようになりました。「今の化粧品がすすめるスキンケアは、皮脂を無理やりはがしては、顔の表面を人工の合成成分で覆うということを日常的に繰り返させているだけです。これでは、肌が本来もっている能力はどんどん下がってしまいます」。またほとんどのスキンケア用品には、いろいろな化学物質が保湿剤として使われ、合成界面活性剤も入っています。「いわゆる『お肌の曲がり角』というのも、加齢というよりも、化粧品の化学成分が大きな原因だと思います。なぜなら同じ年齢の男性のほうがずっと問題のない肌を保っているわけですから」。

スキンケアの主役は自分の皮脂

高柳さんは、「スキンケアの主役は化粧品ではなく、自分の皮脂」と考えています。『ネオナチュラル』のスキンケア製品は、肌を覆うのではなく、皮膚が皮脂を分泌する機能を応援することを目的としています。

高柳さんは、肌にいい美容素材を求めて、全国各地を訪れ、熱を加えない生のへちま水や沖縄の月桃水、良質の蜂蜜、無農薬ハーブを見つけました。すばらしい生産者との出会いを大切にしながら、天然の美容素材をできるだけナチュラルなままに、肌に届けることを目指して、さまざまなスキンケア用品を作り続けています。

ネオナチュラル
【アイシスがおすすめする理由】
●100%天然成分であること。
●製造法も自然であることにこだわって作っています。
●無農薬栽培の植物原料を使うことによって、環境保全型農業を支援しています。
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア日用雑貨

美容文化社

美容文化社

美容文化社(日本)

日本女性の美しい肌を育んできた
自然素材100%のスキンケア


昔の日本女性たちが使っていたのは米ぬかやあずき、うぐいすのふんなどの天然素材。そんな「和の自然派コスメ」が驚くほどキメ細やかな美しい肌をもたらしたのです。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア

昔ながらの日本の美容法を現代に伝える

和の美容法を伝えて55年

かつて「日本の女性の肌は世界一美しい」と賞賛されていました。昔の女性たちが使っていたのは米ぬかやあずき、うぐいすのふんなどの天然素材。そんな「和の自然派コスメ」が驚くほどキメ細やかな美しい肌をもたらしたのです。

『美容文化社』は日本の伝統的な美容法にこだわった化粧品を55年ほど前から作り続けています。防腐剤のなどの化学成分を一切使わず、昔ながらの素材をそのまま活かしています。

同社の研究者、筒井さんは「母から娘へ、そして娘から孫へと、本当によいからこそ伝えられてきた美容法です」と自信たっぷり。色白でキメ細やかな肌の日本人がずっと続けてきた美容法は、海外でも注目を浴びています。

古くから伝わる美容法のうぐいすの粉での洗顔。しかし、うぐいすは保護鳥と指定されたので飼うことができなくなり、輸入も禁止されたため、『美容文化社』では、うぐいすに近い種類のインドネシアの野鳥を使って、日本の伝統的な美容法をなんとか残そうと、奮闘しています。

美容文化社
【アイシスがおすすめする理由】
●防腐剤、合成色素、合成着色料は一切不使用。
●日本に古くから伝わる美容法を伝えています。
●最高の素材を求めて、各地から原料を取り寄せています。
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア

ちどりや

ちどりや

ちどりや(日本)

「和」の伝統素材、椿の恵みでヘアケア


「和」の素材にこだわる『ちどりや』が、椿をテーマに石けんシャンプーを作りました。合成成分は一切配合せず、おまけに髪を根本からきれいにするすぐれものです。

取扱商品カテゴリー スキンケアメイクヘアケア

世界で認められた天然成分100% 京都発「和」のコスメ

伝統の椿油のすばらしさを
世界中の人に知ってほしい

『ちどりや』は、名前の通り日本の昔ながらの美容素材を活かした製品を提供するメーカーでありながら、じつはニューヨーク生まれ。その製品は日本的なおしゃれなパッケージで人気がありますが、「和」の素材と天然であることにしっかりこだわっています。

『ちどりや』のヘアケア用品も、椿油という日本古来の素材を基本にしています。豊富に含まれるオレイン酸の作用で頭皮をケアし、髪にツヤを与えてくれます。『ちどりや』の石けんシャンプーは100%天然成分なので、安心はもちろん、髪を根本から健康にします。その上、使い心地が良いと評判です。

ちどりや
【アイシスがおすすめする理由】
●「和」の伝統的な美容素材を使っています。
●天然成分100%、合成成分は一切使っていません。
●伝統的な京都の工芸品を活かしたパッケージを使用。
取扱商品カテゴリー スキンケアメイクヘアケア

ドクターハウシュカ

ドクターハウシュカ
ドクターハウシュカ

Dr.ハウシュカ(ドイツ)

独自のリズム製法で植物の力を引き出す


光と闇、動と静、寒と暖ー。自然界のリズムに基づいた製法で、手間をかけて生み出されたコスメ。ヨーロッパに伝わる自然療法の医薬品メーカーが作っています。

取扱商品カテゴリー スキンケアメイクヘアケアボディケア

長年培った医薬品の技術を化粧品に活かし、『Dr.ハウシュカ』が誕生

防腐剤のいらないコスメを可能にした
「リズム療法」

ドイツの化粧品『Dr.ハウシュカ』は、ルドルフ・ハウシュカ博士が創立した自然療法の医薬品メーカーの化粧品部門として1967年にスタートしました。医薬品と同じく人間をホリスティック(総合的)にとらえており、化粧品であっても女性のためだけでなく男性や子供にも使えるように作られています。

『Dr.ハウシュカ』では、広大な自社薬草園をはじめ、世界各国で栽培された原料を厳選しています。天体運行(星・月・太陽の活動)に従って種まきや収穫を行うバイオダイナミック農法で栽培された植物を中心に、野生の植物など、大地が自然のままに育てた植物のみが選ばれています。

『Dr.ハウシュカ』の最大の特徴は、「リズム製法」と呼ばれる独自の製造方法。これは、自然界のさまざまなリズムを取り入れることで、植物の持つ力を最大限に引き出すという手法です。

まず、日の出前にひとつひとつ手摘みされた植物を、新鮮なうちに手作業で細かく刻み蒸留水に浸けます。そのまま暗く静かで暖かい場所(37度)に置き、夕方に太陽の下に運び出し、冷やしながらかき混ぜます。そして夜になったらまたもとの暗く暖かい場所で保管。日の出と日の入りの数時間だけ「明・動・冷」、それ以外は「暗・静・暖」の状態にするというプロセスを7日間繰り返し、最後に残った植物を燃やして灰にしてもとの液体に戻します。それから1年もの間、じっくりと熟成されてできたエキスが化粧品の原料になるのです。

『Dr.ハウシュカ』は、肌の力を最大限に引き出す化粧品は、自然の原料を使うだけではなく、自然のルールに沿った製法を守ることにあると考えているのです。

ドクターハウシュカ
【アイシスがおすすめする理由】
●椿油などの伝統的な自然素材を活用しています。
●タール系色素、合成香料、紫外線吸収剤などは使いません。
●容器や包装はリサイクル可能なものを使用しています。
取扱商品カテゴリー スキンケアメイクヘアケアボディケア

アンティアンティ

アンティアンティ
アンティアンティ

アンティアンティ(日本)

薔薇の香りを追求した100%天然コスメ


『アンティアンティ』のテーマは、有機栽培の薔薇。世界の薔薇の産地を訪ねて、最高の香りを持つ薔薇を原料にしたぜいたくなコスメです。「自然のすばらしい力を伝えたい」という情熱を持って日々研究を重ねています。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケアボディケア

有機栽培の薔薇をふんだんに使って生きた化粧品を開発

民間伝承と自然の力を尊重したコスメの製法

『アンティアンティ』のコスメの開発者、宮崎真さんは「無類の薔薇好き」を自称しています。世界各地で医療ボランティアとして活動しながら、化粧品開発にも携わってきたという多彩な経歴を持つ宮崎さんは、日本にまだローズオイルの情報がない20年以上前から薔薇の開発を研究してきました。

インド、エジプト、フランス、トルコ、イラン、ブルガリアなどを訪れて、最高の有機栽培の薔薇を探しながら、世界の民間に伝わる知識の収集もしてきました。

「すぐれた植物栽培の腕を持つ生産者と協力して、自然を守るための化粧品を作っていきたい」と宮崎さんは語ります。

アンティアンティ
【アイシスがおすすめする理由】
●ローズオットーという最高のバラ精油をふんだんに製品に配合しています。
●そのほかの花の精油も質の高いものを選び出しています。
●安全性という点から合成の防腐剤を加えず100%天然成分にこだわっています。
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケアボディケア

ナイアード

ナイアード

ナイアード(日本)

世界各地の伝統的な美容素材を
現代に伝える


ネパール、インド、モロッコ、タイ、トルコ…。スタッフが世界各国を訪ね歩いて見つけた美容素材。自然の恵みを限りなく活かした伝統のコスメたちは、シンプルだけれど心地よい生活をサポートしてくれます。

取扱商品カテゴリー スキンケア ヘアケア

朝摘みばら水やアルガンクリームなど世界各地の伝統素材が活きています

土地に伝わる天然素材だけではなく
使い方も伝えたい

『ナイアード』のすべての商品に共通するコンセプトは、素材そのものの良さが活きているもの、地球にも、からだにもやさしいもの、ということ。

世界各地から、伝統的な天然素材を集めて紹介しながら、現地の人たちの伝統的な使い方も尊重して伝えます。そしてさらに、より日本の生活にあった使い方に発展させることがポリシーです。シンプルで心地よい美容品のために研究と開発を日々重ねています。

スタッフが、生産地を訪ね、現地の人たちとの交流の中で安全性を確認しており、使われる植物はすべて有機栽培か野生のものです。

ナイアード
【アイシスがおすすめする理由】
●使用するのはすべて天然素材。
●防腐剤、合成色素、合成香料などは一切使用しません。
●原料生産者である途上国の女性の自立と発展を支援しています。
取扱商品カテゴリー スキンケア ヘアケア

クレコス

クレコス

クレコス(日本)

安心と美肌力を追求して
「和」の美容素材に辿り着く


多くの化粧品が石油を使っていると気づき、安全な化粧品を作ろうという思いから始まった『クレコス』。辿り着いたのは、「和」の美容素材でした。

取扱商品カテゴリー スキンケアメイクボディケア

「和」の色と素材を大切に、日本人の肌に合うものを!

日本女性が受け継いできた
美肌の知恵を現代に活かす

『クレコス』の代表・暮部恵子さんが自然化粧品会社を設立したのは、「肌を美しくするはずの化粧品に、石油が含まれているのはなぜだろう」との、一消費者としての疑問がきっかけでした。

多くの化粧品が、「保存期間が長い、原価が安い」など、企業側の便利さを追求するうちに安全性を失ってしまっていることに気づいたのです。

「本当に肌によいものだけを使った化粧品を作ろう」との決意のもと、環境ホルモンの不安のある合成成分や合成防腐剤、合成着色料、合成香料を使わない化粧品作りを追求しました。

また、安全性にこだわるだけではありません。人の肌には、常在菌や皮脂によって自らを守る力が備わっていることに着目し、肌本来のはたらきを損なうことなく、必要なものだけを肌に与える化粧品つくりにこだわりました。

石油由来の合成成分を使わずに化粧品を作ることは簡単ではありませんでしたが、開発中に植物どうしが相乗効果を発揮することがわかり、植物のパワーを化粧品に凝縮させる製品作りを成功させました。

とくに暮部さんが注目したのは、母親が娘に伝えてきた、米ぬかやツバキ油など民間の美容素材です。日本人の主食であるお米から採れる米ぬかには、肌を美しくする成分がぎっしりと詰まっており、ほかにも、黒砂糖や甘草、紫根などの和の植物は、素肌に潤いを与え、キメを整える効果にすぐれています。

このような日本の自然素材を活かし、植物成分100%の化粧品を完成させました。「和」の伝統を活かした製品作りを続ける『クレコス』は、化粧品を通じて、日本の文化のすばらしさを伝えようとしています。

クレコス
【アイシスがおすすめする理由】
●防腐には、ローズマリー、クマザサなどの植物で制菌。
●米ヌカ、シコン、ヘチマなど、「和」の美容素材を多く使っています。
●パッケージなど、環境に負担をかけないように配慮しています。
取扱商品カテゴリー スキンケアメイクボディケア

ロゴナ

ロゴナ
ロゴナ

ロゴナ(ドイツ)

ドイツの環境保護運動から
生まれた自然派化粧品


1960年代後半、ドイツ初の自然食品店がオープン。店で売る化粧品を自分たちで作ったことが、ロゴナの始まりです。環境問題にも取り組んでいます。

取扱商品カテゴリー スキンケアメイクボディケアヘアケア

自然派メイクアップラインを世界で初めて発売して支持される

環境先進国ドイツの自然派化粧品メーカー

『ロゴナ』が誕生したきっかけは、1970年代、ドイツで始まった「緑の革命」と呼ばれる環境保護運動でした。これに影響を受けたクロス・アンデル氏が、有機栽培したトウキンセンカ(カレンドラ)で化粧水を作って売り出したことからスタートしました。 40年近い歴史を通して、さまざまな新しい技術が開発され、多くの化粧品を発表してきたロゴナですが、このような設立の背景から、当初からのコンセプトを守り通しています。今でも一番大切にしているのは、人により良いものであることが自然や環境にとっても良い存在であることを忘れない、という姿勢です。

『ロゴナ』は全成分表示が義務づけられる前から全成分を公開。そうした誠意ある姿勢がグリーンコンシューマーから高い評価を受けています。 製品づくりだけでなく、地域のエコ活動、「BDIH」(ドイツの化粧品商工会議所が新しく作った自然派化粧品の規準)の活動、メーカーとしての環境運動など、単なる化粧品作りにとどまらない企業としての社会活動を通して、人々との信頼関係を築いています。

驚くほど豊富なカラーバリエーション

『ロゴナ』のメイク用品は、自然派といえどもマスカラなども揃えて、アイテム、色味ともに豊富なことです。

安全性にこだわり続け、メイクアイテムに欠かせない色素は合成のタール系色素ではなく、天然鉱石と同じ成分で出しています。また合成の防腐剤も使用していません。香料はすべて天然の精油を使っています。

ロゴナ
【アイシスがおすすめする理由】
●BDIHの基準作りに参加した主要メンバーです。
●入手可能な限り有機栽培や野生群生の植物から抽出した成分を選んでいます。
●自社で主要なハーブエキスやオイルなどの抽出を行っています。
●製品テストは社員やボランティアの人たちが行っています。
●パンフレットや髪箱、説明書などは再生紙を利用、ビンなどはリサイクルができるものを選んでいます。
取扱商品カテゴリー スキンケアメイクボディケアヘアケア

まかないこすめ

まかないこすめ
まかないこすめ

まかないこすめ(日本)

女性たちの「手」から生まれた
「和」のコスメ


『まかないこすめ』は古都金沢の老舗金箔屋の作業場から生まれた「和」のコスメ。手頃な価格ながら、天然成分にこだわった中身は使い心地満点です。

取扱商品カテゴリー スキンケアバスタイム

「まかない」の名前の通り、手頃で使いやすいコスメ

「金箔屋」のまかない(作業場)で働く女性たちの手づくりコスメが原点

『まかないこすめ』を作る『株式会社ディーフィット』は、もともとは金沢で伝統的な金箔作りをしていた老舗金箔屋です。

金箔を作る際には高熱炉は摂氏一三〇〇度に達します。まかない(作業場)で働く女性たちは、極度の乾燥や高熱に顔をさらして、肌に負担がかかっていました。

そこで女性たちはビワの葉、ヘチマ、アロエなどの植物を天然水や日本酒に漬け込み、化粧水などを手作りして肌を守っていました。また、金箔が肌に光沢を与えることも経験的に知っていました。こうした経験を受け継いで生まれたのが『まかないこすめ』です。

天然成分&レシピにまでこだわったコスメ

今も身近なところから工夫して化粧品を作り、「肌にいいものだけを伝えていきたい」という姿勢は昔と変わりません。実際にスタッフたちがいろいろと肌で試してみて、「これがいい」と感じたものだけを商品化してきました。ひとつひとつがしっかり自然派にこだわっていることに驚かされます。

でも「天然成分なら何でもいいというわけではないんです」と代表の立川真由美さん。たとえ最高の天然原料を揃えたとしても、素肌にとって本当にいいかどうかは、レシピ、つまり配合にかかっていると考えています。そのため『まかないこすめ』では、独自の「まかないレシピ」を常に研究しています。

見た目、使い心地、安心と三拍子揃った『まかないこすめ』では、独自の「まかないレシピ」を常に研究しています。

見た目、使い心地、安心と三拍子揃った『まかないこすめ』の製品開発には、実際に使う女性たちの知恵と経験がしっかりと活かされています。

まかないこすめ
【アイシスがおすすめする理由】
●日本で昔からスキンケアに使われていた有用植物を多く使っています。
●働く女性たちの経験が活かされています。
●「和」の良さを活かしたパッケージ作りをしています。
取扱商品カテゴリー スキンケアバスタイム

アムリターラ

アムリターラ
アムリターラ

アムリターラ(日本)

オーガニックこそ最高の
アンチエイジング


「アムリターラ」は、ブログ「アンチエイジングの鬼」で知られる勝田小百合さんが、オーガニックな素材にこだわって作った化粧品ブランドです。

取扱商品カテゴリー スキンケアメイクボディケア

植物原料にこだわり「アンチエイジング」を追求。

安全な化粧品を探し続けて開発したコスメ

勝田さんが最初に化粧品の成分に不安を覚えたのは20才の時。モデルのオーディションを受けた関西の会社で、市販化粧品に使われている鉱物油(石油)が肌に与える影響の恐ろしさをVTRで見せてもらった時でした。それ以来、安全な化粧品を探し続けるようになりました。

そんな日々の中で、「無添加」を謳っていても実は表示指定成分が入っていなかっただけということや、肌バリアを壊してしまう化粧品が蔓延している事実を知るようになりました。

結婚をして出産後、勝田小百合さんは、自分に喝を入れようと言う思いで、美容や健康など多岐にわたるブログ「アンチエイジングの鬼」をスタートさせました。思いがけないほどの反響があり、市販化粧品を使って肌に大きなダメージを受けたという女性読者が多いことに愕然としました。

消費者の目で化粧品を作り続けたい

しだいに勝田さんの中で「消費者の目線で満足できる化粧品を作ってみたい」と言う思いがつのり、ついに2008年11月、オーガニックコスメブランドを設立。 勝田さんが化粧品を作る際に追求したのは、もちろんアンチエイジング。

ブランド名「アムリターラ」はインド神話に出てくる不老不死の薬「アムリタ」と、古代インド語で「響き渡る」を意味する「ターラ」をかけあわせた名前です。 「"酸化と還元"がアンチエイジングにおけるキーワード。毒を摂らないことが最高のアンチエイジングになるんです。だから食事も化粧品もオーガニックなものにこだわることが最高のアンチエイジング対策なのでは」。 そんな独自の考え方にもとづき、「アムリターラ」のコスメの原料は、植物原料の80%以上がオーガニック。ほとんどの製品でほぼ100%オーガニックを実現しています。そのための材料探しに時間はかかりますが、「手は抜かない、どうしても見つからない時は製品化しません」という勝田さん。

ビジネスというよりも「あくまで消費者目線を忘れない」という当初の思いを守りながら製品を作っていきたいとのこと。最近、実生活では農業も始め、自分で作る無農薬野菜のおいしさに感動したそうです。

アムリターラ
【アイシスがおすすめする理由】
●コスメの原料は、植物原料の80%以上はオーガニックのものを使用。
●石油系植物系に関わらず、合成界面活性剤は使用していません。
●植物が持つ天然の防腐効果を利用し、パラベン、フェノキシエタノールなどの合成防腐剤を使用しません。
取扱商品カテゴリー スキンケアメイクボディケア

オーブリーオーガニクス

オーブリーオーガニクス
オーブリーオーガニクス

オーブリーオーガニクス
(アメリカ)

メイクからスキンケアまで
アメリカを代表する自然派


『オーブリーオーガニクス』は、40年以上の歴史を持つアメリカの代表的な自然化粧品メーカー。世界各地の植物療法の知識が活かされています。

取扱商品カテゴリー スキンケアメイクヘアケアボディケア

世界各地のハーブ療法から学んだ化粧品レシピ

「化粧品は化学者ではなく、
ハーバリストが作るべき」

アメリカの自然派化粧品としては、もっとも早く1967年からスタートした『オーブリーオーガニクス』。「化粧品は化学者ではなく、ハーバリストが作るべきであり、そして原料は実験室ではなく自然の中から得られたものを」と創業者オーブリー・ハンプトンは考えています。高品質のハーブと天然成分にこだわって、化粧品を作っています。

ハンプトン氏は、「昔から伝わる薬草やハーブがあるのに、なぜ現代の化粧品は化学物質ばかりなのだろう」と疑問を持ったことから、植物の力を活かしたコスメを作ろうと決意しました。以来「自然の力をもらうこと」をコンセプトに、世界各地の植物療法を活用した化粧品を出しています。

化粧品の原料は
「実験室ではなく、自然の中から」

『オーブリーオーガニクス』は原料の安全性には徹底したこだわりを持っています。数百年以上も前から伝承されているハーブを豊富に使うことを基本に、植物の効果を最大限に引き出すために合成成分はできるかぎり使いません。

原料となる植物は、野生、もしくは自社農園や契約農園の有機栽培のものを使用し、業者から入手している原料は、遺伝子組み換えや農薬などの合成成分の混入がないかを厳しくチェックしています。

オーブリーオーガニクス
【アイシスがおすすめする理由】
●ハーバリストの知識が化粧品に活かされています。
●環境ホルモンやダイオキシンを発生しないパッケージを使用しています。
取扱商品カテゴリー スキンケアメイクヘアケアボディケア

ラヴェーラ

ラヴェーラ
ラヴェーラ

ラヴェーラ(ドイツ)

敏感肌という悩みから生まれた化粧品


ラテン語で「真実・本物」という意味を社名にもつ『ラヴェーラ』。環境先進国として知られるドイツで誕生し、半世紀以上の歴史があります。天然の色素で色を出したリップやアイカラーが充実しているので、安心してメイクを楽しむことができます。

取扱商品カテゴリー メイクヘアケアボディケア

オーガニック先進国ドイツで認められた「真実」のコスメ

きっかけは、創設者の敏感肌の悩みから

『ラヴェーラ』製品は、ドイツのデイスターヒルズの美しい山々の見える工場で作られています。その歴史は、今から53年前にさかのぼります。

創設者トーマス・ハーゼ氏は、幼い頃から皮膚疾患に悩まされていました。彼の肌トラブルは、従来のクリームや医薬品では改善できませんでした。そこで、彼は大人から子どもまで、自分のような敏感肌でも安心して使える製品を作りたいと願い、ついに1987年『ラヴェーラ』を設立しました。

有機栽培のハーブや花のエキス、純粋な植物油を使用。敏感な肌でも安心な「真実」の化粧品を作るという信念のもとに、オーガニックコスメの先駆けとして多くのファンを獲得してきました。

有機栽培の花やハーブを原料に使った
メイク用品も使いやすいと人気

ドイツの自然派化粧品を認定する医薬品化粧品メーカーの団体「BDIH」の基準づくりにも参加しています。また、世界最大規模のオーガニック製品展示会「ビオ・ファッハ(Bio Fach)」でも、すぐれた製品として認められています。

合成の保存料・着色料・香料・肌への刺激になる乳化剤や植物オイルはもちろん無添加。敏感な肌にもやさしい化粧品を提供するため、多くのボランティアの協力を得て肌のテストをし上で発売することによって、消費者の信頼を得ています。

『ラヴェーラ』は、スキンケアだけでなく、メイクアップアイテムも充実しているのが特徴です。天然成分にこだわりながら、発色や使い心地にまで高い完成度を感じられるのは、老舗ブランドの実力のなせる技なのかもしれません。

ラヴェーラ
【アイシスがおすすめする理由】
●できる限り有機栽培のハーブや花のエキス、純正な植物油を使用しています。
●「BDIH」の基準作りに参加しています。
●天然成分のすぐれた効能が活用されるように配合することで、すべての製品にスキンケア効果を持たせています。
取扱商品カテゴリー メイクヘアケアボディケア

ムクティ

ムクティ
ムクティ

ムクティ(インド)

アーユルヴェーダで美しく健康になる


インドの伝統医学、アーユルヴェーダ。その語源は、アーユス『命、寿命、生活』とヴェーダ『知恵、教典、科学』。ふたつを合わせて「生命の科学」という意味です。アーユルヴェーダは「自然と調和した生活こそ、その人本来の美しさを引き出す」と伝えています。現代の私たちでも100%自然素材のものを活用して、素肌や髪を美しく健康に保つ具体的な方法を学ぶことができます。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケアボディケアアロマテラピー食品

アーユルヴェーダで、本来の美と輝きを発見

日本でアーユルヴェーダを広めたい

いかにも「アーユルヴェーダ」というと難しそうです。そんな「アーユルヴェーダ」をもっと気軽に今の人たちに活用してほしいと開発されたのが『ムクティ』の製品です。

開発者は、パティル・シーマさん。MAAYA(マアヤ)というアーユルヴェーダとヨーガの講座の学校も創設しています。『ムクティ』の製品は、すべてアーユルヴェーダの製法を守って、自然のものばかりで作られています。

アーユルヴェーダでは、からだをもうひとつの小さな宇宙と考えています。ですから病気や肌のトラブルは、大宇宙と同じように循環する小宇宙の流れが滞っている状態と考えます。

「アーユルヴェーダ」に基づく『ムクティ』の製品は、自然エネルギーに溢れたハーブによって心や体全体のバランスを取り戻させ、トラブルが少ないからだや肌へと変えていきます。

ムクティ
【アイシスがおすすめする理由】
●アーユルヴェーダの考え・理念を元に、現代のニーズに合わせて生まれた製品です。
●アーユルヴェーダドクター、専門家のアドバイスに基づいて開発。
●着色料、添加物、防腐剤、化学肥料、防虫剤、安定剤などは不使用。
●ハーブの収穫、買い付け、検査、輸入、再検査、商品化、使い方説明まで一環とした管理。
●インド工場はISO、GMP(良質製造工程)ライセンス取得。
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケアボディケアアロマテラピー食品

ハーブ研究所スパール

ハーブ研究所スパール

ハーブ研究所スパール(日本)

自社のハーブ農園で
健康な大地が育むコスメ作り


「次の世代へ美しい世界を」と、約30年前農薬や化学肥料を使わない環境保全型の農業をスタート。化粧品は、自社農場で有機栽培された植物を使っています。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア

人と大地の美と健康を取り戻したい

人の肌は大地と同じ
本来の姿を大切にしたい

約30年前、山澤清さんが安心安全を求めて始めたのが『ハーブ研究所スパール』です。
若い頃、農薬散布の機械の使い方を指導していた山澤さんは、ある時、子供の頃にはいた生き物たちが皆いなくなってしまったことに気づきました。

「次の世代へ美しい世界を残すには、農薬や化学肥料を使わない環境保全型の農業しかない」と、新たな仕事をスタートさせハーブを活用して、ハーブティや化粧品などの製品を作り始めました。

安全な化粧品は
皮膚の常在菌を殺しません

「健康な大地には無数の微生物がいるように、健康な肌には無数の常在菌がいて、それが肌に潤いを与えています。でも今のケミカルな化粧品は、農薬が生物を絶滅させてしまうように、肌に必要な常在菌を一掃してしまう。だから私が作る化粧品は、肌の常在菌が生きられることを基本にしています。」
常在菌を殺さない化粧品とは、食べ物と同じくらい安全でなければならない、というのが山澤さんの持論です。だから合成界面活性剤や防腐剤などの化学薬品を一切使いません。

原料は自社農園を主体に
安心安全にこだわる

『ハーブ研究所スパール』では、汚染されていない土地で、完全オーガニックで、原料となるハーブを栽培しています。化粧品に仕上げる際には、一切の合成成分を使うことなく、手作り感を大切にしています。

最近になって、ようやくオーガニックは脚光を浴びるようになってきました。でもそんな時代だからこそ、山澤さんは、「まがいものではなく、本物のオーガニックを極めたい」と言います。そのため、未漂白ミツロウや、北海道の白樺樹液など、自社で栽培するハーブ以外の原料についても、ナチュラルを極めたものを厳選しています。

また環境汚染による絶滅の危機にある種を守りたいという山澤さんは、黄カラスウリの再生にも力を注いでいます。

ハーブ研究所スパール
【アイシスがおすすめする理由】
●自社農場で無農薬栽培した原料を使っているので、キャリーオーバーの不安がありません。
●環境保全型農業を応援しています。
●安心安全をテーマに製品を作っています。
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケア

太陽油脂

太陽油脂
太陽油脂

太陽油脂(日本)

石けん運動から生まれた
環境と肌にやさしい製品作り


一般家庭から出る廃水も、河川や海、湖を汚染しています。石けん運動から生まれた老舗の洗剤メーカーとして信頼を集める『太陽油脂』は、合成成分を一切使わずに、石けんを基本にして安心・安全にこだわる製品を作り続けています。

取扱商品カテゴリー スキンケア ヘアケア ボディケア バスタイム キッチン用品 ママ&ベビー 日用雑貨

石けんメーカーが作る安心・安全なコスメ

水を汚染する合成界面活性剤の代わりに
石けんを使う

石けんは人類がはるか昔から使ってきた天然の洗浄成分。汚れを落とした後、廃水となって24時間後にはもう分解されます。

ところが、一般的な洗濯洗剤やシャンプー、台所用洗剤などに含まれる合成界面活性剤は、自然界で分解されることはなく、蓄積されてしまいます。工場廃水だけでなく、一般家庭からの廃水もまた河川や海、湖を汚染しているのです。『太陽油脂』は、安心できる石けんで洗濯用や台所用洗剤を作り続けてきました。

安心して使える石けん運動から生まれた
スキンケア

石けん運動が始まると、今度は環境にやさしく、人のからだにも安全な化粧品がほしいという消費者の声に応えて、石けんをベースにしたスキンケア製品も開発しました。

『パックスナチュロン』のスキンケアシリーズは、合成界面活性剤をはじめ、合成成分を一切使わず、天然成分だけで作られています。石けんによる洗浄は、ダメージを与えることなく、健康的な素肌を守ります。

また、クリーム類は合成界面活性剤ではなく、『太陽油脂』独自の石けんによる乳化をしています。ほかにも、ヒノキから得られる成分で製品を防腐するなど、徹底して天然成分100%にこだわっています。

「長い歴史の中で安全性が確認された成分しか使わない」として、昔からスキンケアに使われてきた植物成分を使用。安全性を第一に作られた化粧品は、刺激が少なく、敏感肌の人や赤ちゃんなど、デリケートな肌にも安心して使えます。

パッケージはできるかぎりシンプルなものを心がけているほか、詰め替え用製品を多数発売するなど、ゴミ削減と環境保護にも力を入れています。

太陽油脂
【アイシスがおすすめする理由】
●合成界面活性剤なを使わず、石けんでクリーム類を乳化しています。
●合成の防腐剤、合成色素、香料などは使用しません。
●安全な天然成分にこだわり、化学成分を一切使っていません。
取扱商品カテゴリー スキンケア ヘアケア ボディケア バスタイム キッチン用品 ママ&ベビー 日用雑貨

華密恋

華密恋
華密恋

華密恋(日本)

自然の恵みがたっぷり詰まった
カミツレエキス


カミツレ(カモミール)は、リラックス効果や肌荒れを防ぐはたらきが世界中で認められたハーブの女王。『華密恋』は、長野県の自社農園と国内の契約農家で農薬を使わず作られたカミツレのみを使い、肌にも心にも優しい製品づくりを続けています。

取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケアバスタイム食品

純国産のカミツレをまるごと使った、こだわりのカミツレエキス

100%国産のカミツレだけを使用

1982年に誕生した『華密恋』は、カミツレを使ったスキンケア製品を作っています。原料に使う国産のカミツレは、長野県の自社農園のほか、長野県と岐阜県の契約農家の人たちが農薬を使わずに栽培。人工では真似できない自然のバランス"ホリスティック"の考えから、花だけの一部分だけではなく、カミツレの全草(花・茎・葉)を使っています。

こだわりの濃密カミツレエキス

植物の持つ力を壊さないよう、非加熱でカミツレエキスを抽出します。サトウキビを発酵させてできたエタノールと安曇野の清らかな水に浸けて熟成させた後、じっくりと30日間もかけて独自の濃厚なカミツレエキスができあがります。防腐剤をはじめ、余計なものを一切入れない、まさに最高の天然カミツレエキスです。

安心して使える製品づくり

スキンケア製品は大切な肌に直接つけるもの。『華密恋』はつくり手の顔が見える原料を使用することを大事にしています。スキンケア製品ながら、食品同様のトレーサビリティを構築し、安心安全な製品づくりを心がけています。さまざまな健康トラブルに悩む人に、肌にも髪にも心にもやさしいカミツレエキスを届けます。

華密恋
取扱商品カテゴリー スキンケアヘアケアバスタイム食品

喜多製材所

喜多製材所

喜多製材所(日本)

古代から日々の暮らしに息づく
奈良・吉野の豊かな森の恵みを


山の自然を残す昔ながらの植樹方法など、古来の伝統的な林業にこだわる喜多製材所。ひのき材は吸湿・排出性に優れ、140種類以上の香り成分を持ち、その製品は現代人にリフレッシュとリラックス効果をもたらしてくれます。

取扱商品カテゴリー バスタイムキッチン用品寝具日用雑貨

ひのき製品や天然100%精油(オイル)で、日常生活に森林浴効果を

奈良・吉野、天然のひのき材の恵み

吉野の山々は地形と自然に恵まれ、広い美林を持ち、雨も多く、香りの良いひのきが育つことが古く万葉の時代から人々によく知られていました。ひのきは、吸湿・排出性に優れた日本を代表する木材のひとつです。140種類以上の香り成分を持ち、身体を癒したり、臭いを取り除くなど、さまざまな特長があります。

吉野の天然木を60年専門に扱ってきた、奈良県吉野郡吉野町の喜多製材所では、「吉野の自然が生んだ天然のひのきの恵み、その素晴らしさを知ってもらいたい」と、長年培ってきた経験と技術により、まな板、ひのき枕、ひのき精油など、安全・安心な日常品を生み出してきました。同時に、山全体の豊かさを失うことのないように、昔ながらの植樹方法を守り続けることを大切に考えています。伝統的な林業を見直しつつ育てられた、天然のひのきの優れた材質と香りは、現代人の私たちにもリフレッシュとリラックス効果をもたらしてくれます。

家庭にいながら森林浴効果

ひのきの樹液には、菌や害虫が嫌がる「フィトンチッド」と言われる作用があることをご存知でしょうか? 森林に入ったときに爽やかな気分になるのはこの「フィトンチッド」の効果によるものといわれています。この樹液はとても良い香りがして、気分をリフレッシュする、あるいはリラックスさせて快適な睡眠をもたらすことが知られています。つまり、ひのきの香りが人を惹きつけるのは、きっとこの「フィトンチッド」がもたらす森林浴効果があるからなのでしょう。

吉野の森で育ったひのきの芯材をソフトチップにして作った枕で、森の香りに包まれてさわやかな安らぎとともに眠りにつけば、疲れやストレスも和らぎそう。ひのきから抽出した天然100%の精油(オイル)もおすすめです。湯船に数滴注ぐだけで、香り豊かなひのき風呂が楽しめます。抗菌にすぐれた特長を生かした調度品・日用品も多彩、また「ひのきの樹液水」は生活臭の消臭にも最適です。

喜多製材所
【アイシスがおすすめする理由】
●自然の山、里を大切に考える喜多製造所の植林・栽培方法へのこだわり。
●古代から愛されるひのきのさまざまな効果を現代の生活に伝え残す。
●森の香りで得られるリフレッシュ&リラックスのひととき。
取扱商品カテゴリー バスタイムキッチン用品寝具日用雑貨

アサクラ

オラクル

アサクラ(日本)

イタリアの丘陵地帯の農家がつくる
無農薬・無化学肥料のオリーブオイル


"ORCIO SANNITA(オルチョ・サンニータ)"を作っているのはイタリアの丘陵地帯の小さな農家。無農薬・無化学肥料栽培で約3000本のオリーブを栽培しています。イタリアのオーガニック認証機関"Bioagricoop"の認定を取得しています。

取扱商品カテゴリー スキンケア

幅広い料理と相性抜群のポリフェノール、カロチン豊かなオリーブオイル

無農薬・無化学肥料栽培の
オリーブオイル

"ORCIO SANNITA(オルチョ・サンニータ)"を作っているのはイタリアのジョバンナさん一家。有機農業に熱心に取り組むサルバトーレ氏と、販売責任者である夫人のジョバンナさんを中心とする小さな家族です。その畑は有機栽培に絶好の地理・気候条件に恵まれた、海抜230m、海から60Kmの丘陵地帯。オリーブバエやその他の病気にかかりにくい恵まれた土地で、無農薬・無化学肥料栽培で約3000本のオリーブを栽培しています。

"ORCIO SANNITA(オルチョ・サンニータ)"はオリーブを完熟させず、その少し前に手摘みで収穫します。栄養学的にもポリフェノール値を高く含んでいる時期です。オイルの色はこの時期に収穫した証のカロチンをたっぷり含んだ黄金色カロチンをたっぷり含んだ黄金色。フルーティで菜の花の香りがします。イタリアのオーガニック認証機関"Bioagricoop"の3年間の厳しい審査を経て、1996年に認定取得しています。

植物本来の性質を
最大限に尊重した環境

"ORCIO SANNITA(オルチョ・サンニータ)"の日本国内での販売代理店を手がける、アサクラの代表・朝倉玲子さんは「できるだけそのものの原産地、そしてそれが好む『自然』環境を作り、環境を整えたら剪定や収穫をして植物の成長・環境を一定にする、これが『栽培』。植物本来の性質を最大限に尊重しつつ、それに最適な環境作りを人間がする。これ栽培』の理想です」と語ります。朝倉さん自身も、イタリア人の食生活に欠かせないオリーブオイルのすばらしさに惹かれ、現地で料理を学び、農家でオリーブの栽培、収穫、製造に携りました。そして巡り合ったのがジョバンナさん一家でした。

"ORCIO SANNITA(オルチョ・サンニータ)"はマイルドでくせやしつこさがなく、パスタや野菜、肉、魚介類と素材を選ぶことなく、これ一本でイタリア料理を楽しめます。また、和食をはじめ、普段のお料理にも工夫次第でオリーブオイルの活躍の場は広がっています。

オラクル
【アイシスがおすすめする理由】
●イタリア国内の厳しい審査を受けたオーガニックのオリーブオイル。
●日本国内の販売代理店もオーガニックに対する情熱・造詣が深い。
●マイルドでくせやしつこさがなく、美味しい料理に活かせる。
取扱商品カテゴリー スキンケア

ケンドリンガー

オラクル

ケンドリンガー(ドイツ)

天然素材にこだわったレシピで作る
ワックスとポリッシュ


ケンドリンガーを製造しているのはドイツのタピール社。ふだんの掃除や手入れに使うものこそ、その成分には注意が必要。ケンドリンガーのワックスとポリチュアは、ミツロウや植物油など自然の材料で作られているので安心です。

取扱商品カテゴリー スキンケア

木製家具や革製品のお手入れに、自然素材のみでつくられたワックスを

ドイツの専門家Dr.ハースのレシピ

ケンドリンガーの「フレーゲワックス」と「メーベルポリチュア」は、家具修理の専門家で植物性ワックスに精通しているハース博士のレシピに基づいてタピール社が製造しているものです。主成分はミツロウや植物油など自然素材のみを配合、ドイツでも人気の高い製品です。

スチール缶入のワックスは、未塗装の木製品やフローリングの保護や艶出し、防水効果があります。水のかかるところには、2回以上の重ね塗りがお勧めです。薄く伸ばして塗った後、1時間ほどおいてからブラシや布で磨き上げるタイプです。ただし、すでに塗装してあるもの、木製品以外にはご使用いただけませんので注意を。

瓶入りのポリッシュは、こちらも同じく自然の素材だけで作られています。塗装・未塗装の木製品だけでなく、プラスチックやリノリウム、金属、バッグやそのほかの革製品にも使えます。穏やかに汚れを落としながら、保護艶だしにもなり、防水効果も多少あります。

掃除や手入れに使うものこそ天然素材を

ふだんの掃除や手入れに使うものこそ、その成分には注意が必要です。その点、ケンドリンガーの製品は自然の材料で作られているので安心です。
フローリングの床や未塗装の木製品は「フレーゲワックス」で適度な油分を与えて保護膜を作ることで、長持ちし味わいが出てきます。塗る前にホコリなどの汚れを落とし、水拭きをした場合はよく乾かした後、というのが基本です。

ワックスより汎用性の高い「メーベルポリチュア」の用途はさまざま。どんな場合も使用前に必ず良く振ること。分離した状態のままで使うと、ムラになることがあります。水で濡らして固く絞った布に含ませて拭くと薄く延ばすことができます。普段のお掃除などにはこの方法がお勧めです。いずれも自然の素材のみを使っていますが、製品の性質上、特有の匂いがあります。苦手な方は、換気を良くしてお使いください。 お肌の弱い方は、手袋などをご使用もお忘れなく。

オラクル
【アイシスがおすすめする理由】
●信頼性ある家具修理と植物性ワックスに精通する研究者のレシピ。
●天然素材だから、人の身体にもやさしく家具や革製品のケアができる。
取扱商品カテゴリー スキンケア

鹿北製油

鹿北製油

鹿北製油(日本)

アイシスの新オーガニックフード


『鹿北製油』(鹿児島県)は、今では消えようとしている国産のごま油を始め、安心の昔ながらの食用油を作り続けています。「明治時代まであった本物の食用油を再現して、それを消費者に届けたい」という『鹿北製油』の考え方をアイシスは応援していきます。

取扱商品カテゴリー 食品

昔と変わらぬおいしさと安心安全の食用油を届けたい

鹿北製油のごま油&なたね油

『鹿北製油』代表の和田久輝さんは、「明治時代の食用油と同じ質のものをみなさんにお届けしたい」とのこと。その思いが、消泡剤や漂白剤などの薬剤を一切使わず、また明治時代の製法(石臼玉締め法)にこだわった食用油作りとして実現しています。

とくにごま油は、今やほとんど国内にごま栽培の生産者がいなくなってしまったため、一時は、国産のごま油を作るのは不可能とまで言われました。しかし和田さんは、生産者と契約栽培をすることによって、国産ごま油を見事に復活させました。

さらに『鹿北製油』では、昔の良いものを作るだけではなく、新しいものにも挑戦しています。黒ごまは、特別に抗酸化力が高く、アンチエイジングや成人病の予防に役立つことが最近の研究でわかっています。しかし黒ごまは、白ごまよりも絞った油の量が少なくなるため、黒ごま油は作られなかったのです。

「コストや手間がかかっても、最高のものを追求したい」という和田さんは、世界で初めて黒ごま油も手がけました。今ではこの黒ごま油は、本物を追求しつづける『鹿北製油』のシンボルのような存在になっています。

今回は、『鹿北製油』の国産ごま油、有機ごま油、国産なたね油、有機なたねのほか、栄養たっぷりのごま製品をお届けします。どの製品も一切、薬剤を使わずに昔ながらの製法にこだわった安心安全なものばかりです。

ごまは、カルシウムが不足しがちな日本人にとって、ぜひ毎日、摂ってほしい食品のひとつ。細胞を強くして、若々しくしてくれるので、アトピーやアレルギーの悩みを持つ人に、そしてアンチエイジング対策としてもおすすめです。

オラクル
【アイシスがおすすめする理由】
●製品の原料はすべてオーガニック栽培。
●昔ながらの製法を守っている。
●消泡剤、漂白剤などの薬剤を一切使っていない。
取扱商品カテゴリー 食品

アメリカ発のオーガニックコスメ BADGER(バジャー)

自動的に新しいページに移動します。

ページが移動されない方は以下のURLをクリックして下さい。

https://www.isis-gaia.net/SHOP/1095796/1096651/list.html

『漢萌』化粧品の使い方

『漢萌』の化粧品 肌質別お手入れ方法

「雅(みやび)」の平安時代から伝わる自然美容法をよみがえらせた『漢萌』の化粧品。「オーガニック生活便」でも人気の化粧品です。でも、化粧水と美容料を混ぜたり、その独特の使い方にとまどう声も。そこで基本的なお手入れ方法をご紹介します。肌を健康にして、自然の美肌力をよみがえらせましょう!

普通肌
  1. 漢萌ぬか袋」で洗顔します。
  2. 化粧水の「」または「いぶき」を肌になじませます。
  3. 幽玄麗」1滴、または「」米粒大を化粧水と混ぜて、肌になでこみます。
  4. 紫草クリーム」または「」米粒大と化粧水を混ぜて、肌になでこみます。
  5. 再度、化粧水をつけます。

乾燥肌
古来の化粧品は、肌の上から保湿するのではなく、乾燥肌を根本から健康にしていくことによって、肌本来持っている潤うを高めていきます。カンゾウ、ヨクイニン、オウバク、シコンなど天然の美容植物の相乗パワーを使って、肌を根本から健康にして、自然保湿力を取り戻していきましょう。
  1. 漢萌ぬか袋」で洗顔します。
  2. 化粧水の「潤々」または「」を肌になじませます。
  3. 幽玄麗」1滴、または「」米粒大を化粧水と混ぜて、肌になでこみます。
  4. 紫草クリーム」または「」米粒大と化粧水を混ぜて、肌になでこみます。
  5. 再度、化粧水をつけます。

敏感肌
『漢萌』では、敏感肌を刺激することなく、やさしく癒す化粧水として、美容植物を蒸して仕上げた「いぶき」をおすすめしています。刺激がなく、穏やかに肌を回復させ、かゆみも抑えてくれます。
  1. 漢萌ぬか袋」で洗顔します。
  2. 化粧水の「いぶき」を手のひらに取り、数回なじませます。
    ※コットンの使用やパッティングはお避けください。
  3. 」米粒大を手のひらに取り、化粧水で適度にゆるめ、肌になでこみます。
  4. しなやか」1滴を化粧水で薄めにゆるめ、肌になじませます。
  5. 再度、化粧水をたっぷりつけます。

混合肌
  1. 漢萌ぬか袋」で洗顔します。
  2. 化粧水の「」または「いぶき」を肌になじませます。
  3. 幽玄麗」1滴、または「」米粒大を化粧水と混ぜて、肌になでこみます。
    ※敏感肌の方には、「いぶき」と「」をおすすめします。

ニキビ・吹き出物
古来の美容法にも、ニキビや吹き出物のケアがあります。肌にとって余分な脂質を取り除き、なめらかな肌へ導く美容植物の化粧水を使います。
  1. 漢萌ぬか袋」で洗顔します。
  2. 思春期のニキビには「ソフト1200」、大人ニキビには「いぶき」を、ニキビに刺激を与えないようにやさしく肌になじませます。
    ※このお手当ての後は、クリームや乳液などはつけないことをおすすめします。

ムクティの「シーマズハーブ・ヘナ」を使ってみよう!

ヘナはミソハギ科の低木の葉をパウダーにしたもので、肌や髪に塗るとオレンジ系の色に染まります。インドや中近東などの広い地域で用いられてきました。石油から作られた合成成分の一般的なカラーリング剤とは違い、植物成分100%のヘナによるカラーリングは、安心なことから人気が高まっています。ヘナは黒髪を染めることはできませんが、髪に美しい光沢を与えるために、トリートメントとして使うことができます。
ムクティでは、徹底してヘナの品質にこだわって製品を作っています。難しいと思われているヘナも、じつはとても簡単!自宅でも楽に使うことができます。ムクティのシーマさんに教えていただいた、ヘナの使い方をご紹介します。

ヘナペーストを作る

≪準備するもの≫
・ ヘナパウダー/100g
・ 水/400~425cc
・ ボウル/1つ
・ スプーン/1本
・ ケープ(または汚れてもよい服)/1枚
・ ゴム手袋/1組
・ シャワーキャップ/1枚
・ タオル(汚れてもよいもの)/2~3枚
・ ヘアオイルまたはユーカリオイル/適量

1) ヘナパウダーをボウルに入れます。
目安は100g程度ですが、髪の長さに合わせて調整してください。ショートヘアの場合は50g程度で十分です。

2) 水またはぬるま湯(水より早く溶けます)をすこしづつ加えていきます。水のかわりに、紅茶やコーヒーを使うとより落ち着いた色に染まります。

3) 粘りが出るまでかき混ぜます。

4) トマトケチャップぐらいの固さになったら、ラップをかけて3~24時間ねかせます。
少しダマが残っていても、時間をおくことで溶け出してなめらかなペースト状になります。ヘナの成分をしっかりとなじませるためにも、できるだけじっくりとねかせましょう。

* ヘナには身体を冷やす作用があります。寒い季節や冷えが気になる場合は、ユーカリの精油を数滴加えることにより、風邪を予防したり、からだを温めることができます。ユーカリオイルを加える場合は、頭皮につける直前に入れましょう。

* ヘナを混ぜるボウルに鉄鍋を使用すると、ねかせている間に鉄の成分が少しづつ溶け出し、色が濃くなります。

ヘナペーストを髪につける

1) 服や床などにヘナがつかないように、汚れてもよい服やケープを準備して、お風呂場で使用するのがおすすめです。

2) ヘナペーストをつける前に、ヘアオイルでマッサージをします。
ヘアオイルを小さじ一杯手のひらに取り、指先につけて頭皮を軽くこするようにマッサージします。
髪の乾燥を防ぐ効果があるので、できるだけ事前にオイルマッサージをすることをおすすめします。

3) ゴム手袋をして、ヘナペーストを髪全体にたっぷりとつけます。
量が少ないと派手に染まることがあります。毛先は、水を加えてゆるめのペーストにするとつけやすくなります。ロングヘアの場合はコームでといて、髪を小分けにして刷毛を使うと塗りやすくなります。

4) 頭皮にもすり込むようにマッサージしながら、たっぷりとつけていきます。

5) シャワーキャップをかぶり、液だれしないように髪をしっかりと包みます。冬はキャップをする前にラップで巻くと保温効果がアップします。

6) シャワーキャップの上にタオルを巻きます。
夏はシャワーキャップをせずに、直接タオルを巻いてもOK。ただし液だれしやすいので注意してください。汚れてもよい帽子があれば、タオルの上からかぶると、液だれが防げるので安心です。

7) そのまま1~3時間程度おきます。
長くつけておくほど髪は健康になります。つけたまま一晩おく人もいるほどです。待っている時間もリラックスして楽しんで過ごしましょう。

8) お湯でヘナペーストを洗い流します。
ヘナ染めをした当日は、シャンプーは使わないでください。においが気になる場合は、洗い流した後にエッセンシャルオイル入りのヘアスプレーでケアするといいでしょう。



* ヘアカラーで痛んだ髪にもヘナはおすすめ。ヘアカラーの上からでもできます。髪のぱさつきがおさまり、ぐんとツヤが出てきます。

ヘナ染めをする時に、キッチンにあるものをプラスアルファすれば、髪のツヤツヤ効果がさらにアップしたり、髪のボリューム調整することができます。 ヘナに入れるものを変えると、仕上がリが違ってきます。何度も使っているうちに、どんどん自分にあう方法がわかってきます。ぜひいろいろと試してみてくださいね。
/ペーストに粘りと、髪にボリュームをだします。
紅茶/タンニンが色を長持ちさせます。
レモン/レモンの酸が、発色をよくします。
ヨーグルト/硬い髪質の方に。
紅茶、コーヒー、精油など/ヘナの香りが気になる場合に。

※卵・レモン・ヨーグルトなどは、ヘナを固めに溶いて、髪につける直前にペーストに入れます。

関連商品

シーマズハーブ・ヘナ オレンジ ムクティ

シーマズハーブ・ヘナ オレンジ ムクティ

シーマズハーブ・ヘナ イエローブラウン ムクティ

シーマズハーブ・ヘナ イエローブラウン ムクティ

シーマズヘアオイル ムクティ

シーマズヘアオイル ムクティ

ユーカリエッセンシャルオイル ムクティ

ユーカリエッセンシャルオイル ムクティ

アーユルヴェーダで美しく健康になる-スキンケア-

アーユルヴェーダで美しく健康になる

世界で最も古い自然療法、アーユルヴェーダ。
その語源は、アーユス『命、寿命、生活』と、
ヴェーダ『知恵、教典、科学』。
ふたつを合わせて「生命の科学」という意味です。
アーユルヴェーダは美容法についても教えており、
「自然と調和した生活こそ、その人本来の美しさを引き出す」
と伝えています。だから100%自然素材のものを活用して、
素肌や髪を美しく健康に保つ具体的な方法を教えているのです。
アーユルヴェーダは、乾燥肌や敏感肌には
とくにおすすめで、バランスを崩した肌を
自然のパワーを借りて、本来の状態へと戻してくれます。
スキンケアからヘアケアまで、アーユルヴェーダで、
あなたが本来持っている美と輝きを発見しませんか。

スキンケアからヘアケアまで

天然100%のアーユルヴェーダの美容法

アーユルヴェーダは難しそうというイメージがありますが、インド出身で、アーユルヴェーダを日本に広めているパティル・シーマ・長澤さんに、手軽に毎日使える美容法を教えてもらいました。

パティル・シーマ・長澤さん

インド ゴア生まれ
ボンベイ 大学 B.Sc. 卒業
インド YICヨーガ教師要請コース卒業
インド自然治癒カレッジ卒業
(有)ムクティ ハーブ商品開発担当
MAAYA(ムクティ・アーユルヴェーダ・アンド・アカデミー)スクールディレクター
著書に『あたまから元気』『ヘッド・リラクゼーション』、『メヘンディ・アート』 ( 出版新社) など

美しさは内側から作られる

アーユルヴェーダは、『本来の美しさは、外側に何かをつけ加えることで得られるのではなく、心や身体の内側から生まれてくる』と説いています。同様に、「美しくなれば幸せになれるのではなく、幸せならば自然と美しく見え、魅力的な人間になっていく」とも教えています。そんなふうに、アーユルヴェーダは、人間が真に健康で幸せに生きるための哲学を説いていますが、忘れてならないのは、自然への限りない畏敬がベースにあることです。つまり内側からの輝きや幸せ感は、自然との健全な結びつきを抜きにしては、ありえないとアーユルヴェーダでは考えられているのです。だからアーユルヴェーダの美容法は、100%自然のものを使うのです。素肌を覆って美しく見せるのではなく、細胞そのものを健康にし、喜ばせるためです。それは外側にのみ目を向け、合成成分を多用する現代のスキンケアとは、対極の美容法です。

アーユルヴェーダでダメージ肌を再生する

アーユルヴェーダでは、数千年もの月日をかけて伝えられてきた美容効果の高いハーブを活用します。それらのハーブを使うと、血行が良くなりますので、肌や唇の色がきれいになり肌に磨きが戻ります。つまり素肌を覆うのではなく、素肌本来の輝きを引き出すことができるのです。アーユルヴェーダの美容法は、素肌の乾燥やシミなど、肌トラブルに悩む人にとくにおすすめです。自然のハーブや植物オイルで作られたマッサージオイルやクリームは、問題のある部分を健康にして皮膚のバリア機能を復活させ、トラブルに強い肌を作ります。ダメージ肌も、アーユルヴェーダの美容法で生命力を高めることによって、ふたたび健康へと導くことが可能です。

ムクティ 商品一覧

アイシス オーガニックシャンプー

環境と人の美しさと健康を守ることはつながっている

『アイシス』は、初心者も使いやすい、きしまない石けんシャンプーを開発。安心安全の天然100%。使うほどに、髪を美しく健康にする植物の力を実感できるシャンプーです。

「アルテ」「アイシス」シャンプー開発物語

アルテと協力して2年がかりで開発したシャンプー

アイシスのシャンプー開発は、納得したものができあがるまで2年かかりました。石けんシャンプーのきしみ感を和らげるために、合成成分ではなく、植物成分を使おうと最初の段階から決めていました。そのために伝統的なヘアケアに用いられてきた植物を探したり、化粧品製造の専門家と話し合って何を使ったらいいのかを検討しました。また配合する植物エキスは、原料専門会社から購入すると、合成防腐剤や合成溶剤などのキャリーオーバー成分の不安がでてきます。そこで、植物エキスは、すべて特別に契約している製造工場に依頼して作ることに決めました。時をかけて植物の成分をゆっくり抽出しました
植物エキスは、無農薬栽培かまたは野生植物を使うことにしました。森や畑から約50種類もの植物を採取したり、奈良の漢方薬の会社から植物を取り寄せました。集めた植物は、オーガニックの天然醸造アルコールに漬け込み、ゆっくりと時間をかけて、良質の植物エキスを抽出。髪を美しく健康にするセイヨウキズタ、フケやかゆみを和らげるアロエやサルビア、髪に美しいツヤを与えてくれるスギナやメリッサなど、季節ごとに何種類もの植物を採取しました。そして何より、使い続けることで、髪にツヤと健康と美しさを与えてくれる植物を選び出すことに時間をかけました。また多くのボランティアのモニターに髪を洗ってもらい、さまざまな植物を組み合わせることで、きしまず使いやすい石けんシャンプーを作ることが見えてきました。
ある時、「合成シャンプーを使って頭皮にかゆみがある」と悩んでいた女性に、石けんシャンプーの試作品を使ってもらいました。1週間もたたないうちに、この女性から「かゆみがなくなったし、抜け毛も減りました」という声をもらい、うれしい手ごたえを得ました。

石けんシャンプーのきしみ感を植物ブレンドの力で解消

最終的に、2種類の石けんシャンプーを作りました。髪の乾燥やぱさつき、まとまらないと悩んでいる人のために作った「しっとり」タイプのシャンプー。こちらは、品がよく甘い薔薇の香りに。
いっぽう頭皮のかゆみやフケなどで悩んでいる人のためには、「さらさら」タイプのシャンプー。こちらは爽やかなオレンジの香りにしました。どちらのシャンプーにも使うほどに髪にツヤを与え、美しく、健康にする植物を選び抜いてブレンドしています。
さまざまな植物エキスの効果で、きしまない石けんシャンプー作りを完成させたアイシスの開発チーム。改めて実感したことがありました。それは「植物には、本当に人を美しく健康にする力があり、そして幸せにしてくれるすばらしい自然の恵みがある」ということでした。アイシスの石けんシャンプーは、自然の中で循環していくことができる素材だけで作られています。「環境にやさしいものは人にもやさしい」という言葉を忠実に実現した製品です。

●天然成分100%です。
●植物エキスは、すべて無農薬または野生植物を使用しています。
●植物エキスの抽出溶剤は、オーガニックの天然醸造アルコールを使用しています。
●植物エキスは、原料会社から買うのではなく、キャリーオーバーが含まれることがないように
契約工場に依頼して特別に製造しています。

アイシス オーガニックコンディショナー ハーバルオレンジC(サラサラタイプ) アルテ

アイシス オーガニックシャンプー ハーバルオレンジS(サラサラタイプ) アルテ

アイシス オーガニックコンディショナー ハーバルローズC(しっとりタイプ) アルテ

アイシス オーガニックシャンプー ハーバルローズS(しっとりタイプ) アルテ